東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:入れ替え戦を4-0で勝利したCriacao。来季はJFLへ。

全国地域CLニュース一覧

Criacao積極的な連動で4点 堅守は最後まで崩れず

写真:入れ替え戦を4-0で勝利したCriacao。来季はJFLへ。

Match Report後藤 勝

 JFLの下位2チームと全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021(地域CL)上位2チームによるJFL・地域入れ替え戦は12月18日の同時刻に2試合がおこなわれ、名古屋市港サッカー場ではJFL17位のFC刈谷と地域CL1位のCriacao Shinjukuが対戦。ホームのFC刈谷から見て0-4のスコアでCriacaoが勝利を収め、来季のJFL加盟を決めた。

 延長戦まで0-0で守りきればJFL残留が決まる刈谷だったが、予想に反して積極的に前からプレッシャーをかけてCriacaoのボール回しを阻害する。しかしCriacaoがこれに対応すると徐々に流れは変化。システム4-4-2の刈谷と3-5-2のCriacaoのかみ合わせから生じるズレを、インサイドハーフの池谷友喜らが巧みなポジショニングで突いて前へ出ていった。

 先制点が生まれたのは前半アディショナルタイムの45+2分。左ウイングバック瀬川和樹のクロスを岡本達也が落とし、裏へと飛び出した池谷が右足でダイレクトで決めた。「地域CLのときもそうだったんですけど、瀬川選手が警戒されてタテを切られることが多かったんです。そこでセグくん(瀬川)を活かすためにヨコについていることも多かったんですけど、それでは攻撃が停滞する。自分がフォワードのラインを見て3人目の動きをつくったらいいということで練習をやってきたが、それを試合に活かせてよかった」と、待望のゴールに、池谷はホッとしたような喜びの表情を浮かべていた。

 優勢に立ったCriacaoは前半のうちにセットプレーから井筒陸也が2点目を決め、さらに後半にもスタートから主体的にボールを動かしゴールに迫り、78分には大谷が追加点を挙げ、85分にはここまでクローザー役を務めてきた原田亮の労が報われるかのような鮮やかなカウンターでダメ押し点。JFL刈谷を相手に4点を挙げ完勝した。

 刈谷のシュート数はわずかに4本。後半開始から高い個人技を持つ神谷椋士を投入して打開を図ったが、Criacaoの堅守に阻まれた。

 その強固な守備の中心にあったのはCriacaoの井筒陸也、小林祐三、米原祐の3バック。今シーズン限りで引退する小林祐三は彼ら2人と堅守を築けた理由をこう説いた。

 「最後のほうは見ていなくても、大体誰がどこにいるかわかるようなレベルにまでコミュニケーションで持っていけました。ほんとうに、死ぬ前にあのふたりの顔が思い浮かぶ(笑)というくらい。そして彼らは非常に伸びました。ときには今まで言われたことのないようなコーチングや、高度な要求をされたと思いますけど、特に米原は伸びましたね。僕自身も彼らの何が足りないのかを理解して努力するという姿勢に刺激を受けました。下地はつくったつもりなので後任にはぜひそのようにやってもらいたい」。

 2026年に世界一となる目標を達成するため、一年でJ3をめざす(成山一郎監督)というCriacao。小林の後を継ぐディフェンダーを加え、さらに強固なチームへと進化して2022シーズンのJFLに挑む。
(後藤勝)

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    FC刈谷 0-4 Criacao
    JFL入替戦 12月18日

  2. 写真ニュース

    Criacao、JFLへ 入替戦で刈谷に勝利
    JFL入替戦 12月18日

  3. 写真ニュース

    Criacao 第3戦は対策と変化の応酬の末に勝利
    全国地域CL 11月29日

  4. 写真ニュース

    Criacao、ISE-SHIMAの堅守破れずドロー
    全国地域CL 11月27日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP