東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:ゴールを決めて喜びを爆発させるエリースの唯井(37番)ら。

関東社会人サッカー大会ニュース一覧

エリース準決勝突破 入替戦出場決定

写真:ゴールを決めて喜びを爆発させるエリースの唯井(37番)ら。

 関東社会人サッカー大会3日目は20日、群馬県で準決勝2試合を開催。東京勢で唯一勝ち残っているエリース(東京1位)は栃木2位のFC CASAと戦い、1-0で勝利し、あすの決勝に駒を進めた。0-0で迎えた試合終盤にFW唯井竣平が決勝ゴールを決め、その1点を守りきった。

 もう1試合はヴェルフェ矢板(栃木1位)が3-1で境トリニタス(茨城1位)を下した。決勝は21日、非公開・無観客で11時にキックオフ。なお、決勝に進んだエリースとヴェルフェの2チームは12月25日に行われる関東リーグ入れ替え戦の出場も決定した。

小牟田が復帰 攻撃活性

 エリースは1回戦、準々決勝と体調不良で不在だったエースのFW小牟田が戦列に復帰。空中戦、ポストプレー、シュートと何でもできる小牟田が戻ったことでチームは明らかに活性化した。小牟田が前線で生み出す時間やスペースを活用しながら、サイドの滝沢や古川らがどんどん仕掛け、それに続いてSB神沼らも攻撃に参加した。なかなか1点が奪えずに、相手の反撃も浴びたりもしたが、相変わらず守備陣はCB近藤、長井を軸に力強く対応。

 後半は相手の運動量低下に伴い、DFラインを高く保ち、ほとんどの時間を相手陣内で過ごしたがなかなか1点が奪えず。それでも延長戦もちらついた90分、エリア内で滝沢のパスを受けたFW唯井が左足で決めて決勝点。そのまま逃げ切り、決勝進出と大会上位2チームに与えられる関東リーグ入れ替え戦の切符を手にした。

関東社会人サッカー大会 準決勝

  • FC CASA 0-1 エリース東京
  • 境トリニタス 1-3 ヴェルフェ矢板

大会日程・結果/トーナメント表

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    決勝点のFW唯井 コースぎりぎり突く
    関東大会 11月20日

  2. 写真ニュース

    エリース檜山監督「我慢のゲームだった」
    関東大会 11月20日

  3. 写真ニュース

    エリース、攻撃陣不発も堅守健在
    関東大会 11月7日

  4. 写真ニュース

    CASAは10人目までもつれたPK戦制す
    関東大会 11月8日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP