東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:東京蹴球団は首位エリースと0-0で引き分けた。

東京都リーグニュース

東蹴は充実のドロー「勝つチャンスあった」

写真:東京蹴球団は首位エリースと0-0で引き分けた。

【東京1部】東京蹴球団 0-0 エリース東京

 うつむいてピッチを去ったエリースとは対照的に東蹴のイレブンには充実感が漂っていた。それは首位を相手に引き分けで終えたというより、『最後にサヨナラ勝ち出来た』という思いも詰まっているようだった。試合内容はさておき、プラン通りにゲームを運べていたのはおそらく東蹴の方で、無失点で時計の針を進めて、最後に勝負を決めるビッグチャンスは2度ほどあった。

 80分には左から浦江が放り込んだクロスがファーサイドに流れ、それを鈴木が右足で狙ったが、惜しくもバーを叩いた。試合終了間際には味方のクリアボールに反応した廣澤がDFの裏に抜け出して決定機を迎えたが、左足で放ったシュートはバーの上に外れて全員が悔しがった。

 試合後、主将のCB成田は引き分けに終わったものの「いつものように守って守って、引き分けたというより、もしかしたら勝てたんじゃないかと思えた」。「先発がいつもと半分くらい違ったが、その選手たちも交代選手たちも力を示してくれたし、残りの試合をチーム一丸となって戦っていけそうな試合になった」と多くの収穫を口にしていた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    エリース、東蹴のブロック破れず 0-0ドロー
    東京1部 9月6日

  2. 写真ニュース

    東蹴、東京海上破る 耐えて後半流れつかむ
    東京1部 7月12日

  3. 映像ニュース

    東京蹴球団 2-0 東京海上
    東京1部 7月12日

  4. 写真ニュース

    東蹴、前半の2失点響き3敗目 反撃及ばず
    東京1部 7月5日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP