東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:天皇杯出場を決めた駒澤(上)と昨年に続き決勝で敗れた法政(下)。

天皇杯予選ニュース

駒澤大が天皇杯へ 法政大をPKで破る

写真:天皇杯出場を決めた駒澤(上)と昨年に続き決勝で敗れた法政(下)。

 天皇杯東京都代表を決める「第26回東京都サッカートーナメント」は9日、駒澤大-法政大の大学生同士による決勝を北区・味の素フィールド西が丘で開催。駒澤大が2-2で迎えたPK戦を4-3で制し、2018年以来2度目の優勝を飾り、天皇杯出場を決めた。駒澤大の天皇杯出場は14回目となる。

延長後半ラストワンプレーで駒大が同点 PK勝利

 どちらがペースをつかむかというゲーム序盤の14分に、法政が中井崇仁のボレーシュートで先制。しかし、そこから受け身にまわった法政を、駒澤は走力を上げて強引に流れを引き寄せた。

 法政のパスの出し手と受け手を激しく寄せてペースを刻ませず、奪ったボールは早い段階でゴール前にクロスを入れて追い詰める。前半こそ得点を奪えなかったが、後半に前線でターゲットになれるFW宮崎鴻を投入して、攻撃の勢いを加速させると、開始早々の6分にその宮崎とのワンツーから抜け出たMF荒木駿太が左足でドリブルシュートを決めて同点。

 そこからも駒澤が優位にゲームを運んだが、逆転ゴールは奪えず、1-1のまま10分ハーフの延長戦に突入。

 その延長戦、またしても先手を奪ったのは法政。前半開始4分に途中出場の中川敦瑛がカウンターから見事なミドルシュートを決めて2-1と勝ち越した。だが、法政が1点リードのまま迎えた延長後半ラストワンプレー。駒澤は自陣からGK松本瞬が前線に長いボールを放り込み、そこからのこぼれ球を途中出場の中村一貴が決めて土壇場で追いついた。

 PK戦、互いに1人ずつが失敗して迎えた5人目、先行の駒澤が決めたのに対し、法政は高嶋修也がゴール左に外して失敗。駒澤が4-3で制し、3年ぶりの天皇杯出場をつかんだ。駒澤は天皇杯1回戦でJ2のSC相模原と対戦する。

東京都サッカートーナメント 決勝

  • 駒澤大学 2-2(PK 4-3) 法政大学
    【得点者】
    14分 中井崇仁(法政)
    51分 荒木駿太(駒澤)
    94分 中川敦瑛(法政)
    110+2分 中村一貴(駒澤)

天皇杯 日程・組み合わせ
第101回全日本サッカー選手権大会(JFA)

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    天皇杯予選、駒澤大と法政大が決勝へ 社会人は敗退
    天皇杯予選 4月18日

  2. 映像ニュース

    【東京トーナメント/動画ハイライト】 武蔵野ユナイテッド 1-1(PK6-7)法政大学
    天皇杯予選 4月19日

  3. 映像ニュース

    【東京トーナメント/動画ハイライト】 Criacao 0-2 駒澤大学
    天皇杯予選 4月18日

  4. 写真ニュース

    「社会人サッカーを続ける理由」堀田 稜/東京海上FC
    インタビューTOKYO FOOTBALL STORY

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP