東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半ロスタイムに同点ゴールを決めて喜ぶN.。

東京都リーグニュース

N. 終盤同点も後半早々の失点響く「隙があった」

写真:後半ロスタイムに同点ゴールを決めて喜ぶN.。

【東京1部】明治学院 1-1 FC N.

 N.は前半得点こそ奪えなかったものの、自分たちのペースでボールを動かし、それなりに気分良くハーフタイムを迎えたはず。だが、そこに油断があったのか、後半開始1分での失点。MF金井は「あの失点は自分たちにスキがあった。立ち上がりは徹底する必要があったのに、雰囲気もピリッとしていなかった」と自らの非を認めた。

明学、ロスタイムに痛恨の同点弾献上 逃げ切れず

 どうせ先に失点するなら前半を0-1で折り返した方がハーフタイムに気持ちを切り替えられたはず。後半立ち上がりの失点は、そこからしばらく若いイレブンに落胆、動揺、焦り、ミスを与え、さらには相手にカウンターの機会も与えた。

 前半同様に楔のパスで相手コートの中央をつつきながら、外に展開し、そこから再三のクロスを入れる。だが、自陣に立て籠もる相手に跳ね返され「もうひと工夫ができなかった」と金井が言うように、1点が遠い。それでも敗戦もちらつく後半ロスタイム、これまでのこだわった攻撃の形とは異なるFKからの「気持ち」で飛び込んだ金井のヘッドで同点。残り1、2分は押せ押せの展開で逆転も見えたが、明治学院の粘る気持ちも相反して勝ち点3には届かず。

 「1試合を通して自分たちがボールを持って主導権を握ることは少しずつ出来ている。あとはそれをフィニッシュ、得点につなげていきたい」と金井は今後に向けて課題を整理していた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    明学、ロスタイムに痛恨の同点弾献上 逃げ切れず
    東京1部 5月3日

  2. 写真ニュース

    明学、後半振り回され失速 監督「時間、スペース与えてしまった」
    東京1部 4月24日

  3. 写真ニュース

    N. FW八重樫「うまくいかなかった」
    東京1部 4月12日

  4. 写真ニュース

    エリース、凡ミスで失点 N.と痛恨ドロー
    東京1部 4月12日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP