東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:選手に話をするセルベッサの石割監督。

東京都リーグニュース

セルベッサは敗戦も監督「収穫あり」

写真:選手に話をするセルベッサの石割監督。

 セルベッサは新年3試合目の練習試合を八王子と戦い、1-2で敗戦。

 石割監督いわく「特に1本目だから主力を多くしたとか、そこはこだわらなかった」。結果よりもこの日の練習試合でこだわったのは「ボールの奪い方のバリエーションを増やすこと」。奪い方の中身については”企業秘密”とのことだったが、ボールを奪う、奪ってからシュートに持ち込むまでの回数は実際に多くあり、監督も「奪い方が良かったから、相手のバランスも崩れていたし、その分チャンスも作れた」と収穫を口にした。

 今季はチームの看板だった10番MF近藤が抜けた穴もある。だが、その点についても「彼が抜けたのは正直残念だけど、ここ最近は無双の(近藤)洋史を見れていないかったし、チームにとって穴にはなっていない。例年よりもチームを作り直している部分はあるが、逆にみんなの頑張りどころ」と語り、今季は攻守においてチーム全体のベース、レベルアップを期待していた。

関連記事

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP