東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

ニュース

JFL東京武蔵野Uが新体制発表 関東1部から伊藤、飯島らがメンバー入り

 JFLの東京武蔵野ユナイテッドFCは1日、2021年シーズンの新体制を発表した。今季から関東1部の東京ユナイテッドとトップチームを共同運営することが決まったクラブは、新たに総監督に東京ユナイテッド代表の福田雅氏が就き、監督は昨年に続き池上寿之氏が指揮を執る。

 トップチームのメンバーは昨年の東京武蔵野シティの21選手がベースで、そこに新たに関東1部の東京ユナイテッドから11人が加わった。新メンバーの中には2019年の東京都国体選抜のMF伊藤光輝や川越勇治、FW飯島秀教らも名を連ねている。東京武蔵野ユナイテッドの今季の開幕戦は3月14日でラインメール青森と対戦する。

クラブからの発表
2021シーズン 新体制のお知らせ
東京武蔵野ユナイテッドFC(1月15日)

関連記事
武蔵野と東京Uが合併 JFLで新チーム「東京武蔵野ユナイテッド」発足へ (1月15日)
東京武蔵野シティ、今後のJリーグ参入を断念 (2020年8月3日)

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP