東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:後半に勝ち越しゴールを決めて喜ぶアストラの中山。

東京都リーグニュース

昨季12位のアストラ、Aブロック首位通過 中山が貴重な追加点

写真:後半に勝ち越しゴールを決めて喜ぶアストラの中山。

【東京1部】Aブロック:アストラ 3-1 明治学院

 昨季は12位で辛うじて残留を果たしたアストラが、今季は勝ったり負けたりを繰り返しながらも気がつけば混戦のAブロック最終戦で、首位に立つ明治学院同様、1位通過と初の関東大会出場に王手をかけていた。川島監督は「僕らは簡単に1位を目指せるチームではないが、このチャンスはみんなでつかんだもの」。目の前に訪れたチャンスを逃すわけにはいかなかった。

 決戦の先制点は以外にもあっさり。8分に右から林谷がFKを放り込むと、それにあわせて入る長身のCB松田がほぼノーマークだった時点で勝負あり。ファーサイドにきたボールを松田が頭で叩いて、力強く先制点をもぎとった。だが1点のリードを保ったまま迎えた後半は徐々に距離感をよくしてボールを動かし始める明学の反撃に遭い、64分にはピンポイントのクロスを明学の直野にヘディングで決められて同点に追いつかれた。こうなると勝負の行方はどちらに転がるかわからぬ展開へ。

 それでも次の1点を奪ったのはアストラ。74分に今季絶好調の中山が決めた。エリア手前左のどっちつかずのボールを拾うと、シュートのフェイクをいれながらドリブルで中央に切り込み、一瞬敵のマークを外すと、素早く右足を振り抜いてニアサイドに打ち込んだ。中山は「あの時間帯はいつもチャンスがあったし、今日もその予感があった。ボールを拾ってからはとにかく夢中だった」と興奮気味に振り返った。

 その後は守備を固めて逃げ切り策をこうじながらも、89分にはショートカウンターから小原がしっかりとダメ押しの3点目。学生を相手に社会人らしく勝負どころを制し、先制、勝ち越し、ダメ押しの3点快勝。混戦のAブロックで首位通過を果たした。

 川島監督は「今季はコロナの影響もあって大変だったが、そんな中でもみんなが自立して自分たちで行動を起こしてくれた。この結果を残せたことは嬉しく思う」と言葉を詰まらせながら語り、南葛との優勝決定戦に向けては「リーグでトップに立つ機会はそうはないし、一体感をもって自分たちらしく戦いたい」と意気込んでいた。

PhotoGallery PhotoGallery

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    混戦のAブロックはアストラ、八王子が2ndステージへ 全日程終了
    東京1部 10月11日

  2. 写真ニュース

    明学は東蹴破りAブロック首位に浮上
    東京1部 10月5日

  3. 写真ニュース

    前節大勝のアストラはリード守れず アローレとドロー
    東京1部 9月7日

  4. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】アストラ 1-1 アローレ
    東京1部 9月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP