東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:ドリブルで攻め込むアストラの中山。この日はチャンスを生かせず。

東京都リーグニュース

前節大勝のアストラはリード守れず アローレとドロー

写真:ドリブルで攻め込むアストラの中山。この日はチャンスを生かせず。

【東京1部】Aブロック:アストラ 1-1 アローレ

 勝てば得失点差で暫定ながらも首位に立つアストラは、前節7発大勝を飾った勢いを踏襲するように、序盤からアローレの3バックの背後を長いボールで積極的に突いて前進した。32分にはエリア手前で獲得したFKから矢野の放ったシュートのこぼれ球をMF小原が蹴り込み先制。無敗のアローレから先手を奪った。

 先に1点のリードを得れば、そこからは相手に主導権を譲っても自慢の守備で耐えながら、裏を狙ってのカウンターやFKで次の得点機会を待てばいいだけ。後半途中にはカウンターをリードする中山をピッチへ送り出し、追加点を奪う準備も整え、いよいよ首位奪取も見えてきた。

 が、順調に進んだゲームに69分、思わぬ落とし穴が。自陣ゴール前に入ったクロスをDF中尾がアローレのFW林を相手に無難に対応したようにも見えたが、主審はPKを指示。抗議も認められず、これを決められて同点に追いつかれた。

 不満を引きずりながらの再開後は、相手同様にゴール前にボールを放り込んでは大げさに倒れてPKをアピールするが、笛はならず。さらには焦りも募ると、奪ったボールをまともに前につなげなくなり、頼みの中山もこの日はボールが収まらず、ミスも多く、終了間際に訪れた絶好機も判断を誤りものにできなかった。

 川島監督は「良くも悪くもなく、悔しさが残るゲームだった」と総括した一方で、「もともと自分たちはそれ程強くない。僕ら社会人は今季あらゆるビハインドがある中で始まっていると思っているし、そもそも1位を狙えるチームだとも思っていない。いかに一試合、一試合をしぶとく戦い、勝負強さを発揮できるかだと思う。そういった意味では今日のアローレと引き分けという結果は、ポジティブに捉えている」と冷静に自らの立ち位置を見ていた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】アストラ 1-1 アローレ
    東京1部 9月7日

  2. 写真ニュース

    アローレ単独首位ならず 主将の林「相手に合わせてしまった」
    東京1部 9月7日

  3. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】八王子 1-7 アストラ
    東京1部 8月31日

  4. 写真ニュース

    アストラは大量7点で八王子に圧勝
    東京1部 8月31日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP