東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

三菱UFJ大関監督「今後に向けて希望が持てる試合だった」一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部の三菱UFJ銀行サッカー部は19日の東京海上との開幕戦を1-2で落とした。今季から監督に就任した大関監督にゲームの感想、開幕前のチーム状況などを聞いた。一問一答は以下のとおり。

大関 欽也監督

三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行 大関 欽也監督

「今後に向けて希望が持てる試合だった」

──まずは公式戦を90分戦い終えての感想は。

「やはりコンディションの部分では相手と随分差があると感じた。ただ、内容自体は思っていたほど悪くなかったし、いいサッカーが出来ていた時間帯もあった。これからかなと思うし、少しずつ連係面も高めていきたい。今後に向けて希望が持てる試合だった」

──チーム活動をせずにぶっつけ本番になってしまった理由は。

「自分たちのサッカーグラウンドが今も使えない状況というのもあるし、会社の方針としても『自粛』が続いている。会社自体がサッカー部の方針を示すわけではないが、自分たちはある程度会社の方針に従うべきだし、会社がグラウンドを使ってはいけないと言うならサッカーはやるべきではないのかなという判断だった。ただ、リーグ戦が始まるということで、そうも言っていられないし、新しい生活意識ということも言われている。もう一度チームで話し合ってリーグ戦だけは参加しようという結論に至った」

──実際に選手の動きなどはどう映ったか。

「やはり体が重い。走れていないし、キレがないというのは感じた。普段ランニングをしているのと、実際にサッカーの試合の中での体力というのは違うので、そこは試合を重ねて取り戻していくしかないと思う」

──今日の試合、前半よりは後半など、選手自身が何かゲームの中で徐々に感覚を取り戻している印象はあったか。

「前半は相手の勢いもあったし、サッカー勘、ゲーム勘が鈍い選手も多かったが、後半の最初くらいはだいぶ試合に慣れてきたかなという印象だった。特に同点に追いついてからの5分、10分は自分たちのペースでサッカーが出来ていた。ただ、最後は足が止まってしまっていたので、そこは鍛え直さなくてはいけない。でもピッチの外から見ている自分は『もう一歩足をだせよ』と思っても、実際に中でやっている選手たちはそれが出したくても出ないんだろうなと思った」

──監督自身は今季、これまでのコーチから正式に監督に就任した。何か新しい要素をこのチームに取り入れたいという考えはあるか。

「劇的に変えようとは思っていない。誰が出ても自分たちのサッカーができるようなわかりやすい戦術にしていきたい。自分自身はつなぐサッカー、ポゼッション重視のサッカーを目指したいが、だからと言って自分のサッカーを一方的に彼らにはめていくということはしない。そこは出ている選手たちとも連携を取りながらみんなでチームを作っていきたい」

──今後も選手たちにとっては、コロナの問題や家庭、仕事をしながらサッカーを続けていく厳しい環境が待っている。今後に向けては。

「とにかく前向きにやっていくしかないと思っている。厳しい環境というのはみんな同じだし、今日の試合よりも次の試合、また次の試合と、少しずつチームの成熟度を高めていければと思う」

三菱UFJ銀行


東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】東京海上 2-1 三菱UFJ
    東京1部 7月20日

  2. 写真ニュース

    東京海上は三菱UFJに辛勝 新人がPKで決勝点
    東京1部 7月20日

  3. 写真ニュース

    東京1部4ヶ月遅れで開幕 エリース、早大など白星発進
    東京1部 7月20日

  4. 写真ニュース

    東京海上MF小松 セルベッサMF中田 一問一答
    東京1部 7月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP