東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

関東リーグニュース

東京23吉田監督「選手が一体感を持って戦ってくれた」一問一答

 関東1部の東京23FCは7日の後期7節で桐蔭横浜大学FC(神奈川)を2-1で破り、後期初勝利を挙げた。勝ち点を14に伸ばして、7節1日目を終わった段階で前節の最下位(10位)から降格圏を抜け出す暫定8位に浮上。試合後の東京23・吉田監督との主な一問一答は以下の通り。

吉田 正樹監督

東京23FC

東京23FC:吉田 正樹監督

──後期に入ってようやく勝利。感想は。

「やはり勝つというのは簡単じゃないな、すごく難しいことだと感じた。後期に入って勝てない、点を取れない状況が続いていたが、それでも選手が一体感を持ってやってくれたのでそこは助かった」

──今日は内容よりも勝ち点3が必要だったと思うが、何か戦術的に変えた部分はあったか。

「2試合くらい前から戦い方を少し変えていて、自分の中で手応えを感じていた。それがやっと形になってきたところがあるし、選手もよく理解して戦ってくれていたので良かった」

──実際に今日の試合の狙いは。

「チームのために、仲間のために戦える選手を起用して、まずは選んでいる自分が後悔しないようにした。気持ちがあって戦える選手を選んで、その中で勝てたことは良かった」

──土屋選手を3バックのセンターで先発起用した。コンディション含めて狙いは。

「やはり年齢の問題もあるし、コンディションは万全ではない。それでもこういう大事な試合を何度も戦ってきた選手なので、彼の経験値を信じて起用した。本当に前半からうまくゲームを作ってくれた」

──今日は先制点を奪ったあとに一度同点に追いつかれた。そのあたりの状況はどうみていたか。

「点を取り慣れていないせいか、点を取ったあとに『やられたら嫌だな』というようなメンタル面がゲームに出てしまい、結局やられてしまった。ただ、そのあとにまだチャンスは必ずくると思っていた」

──最後はどういった形で勝負に出たか。

「流れの中で何点も取れるチーム状態ではないので、一つはセットプレーがキーになるなと思っていた。ラスト数分はセットプレーに強い選手を入れて、結果的にかもしれないが、それがうまくはまって点を取れたので良かった」

──これで勝ち点14となり、残り2試合は栃木と横浜猛蹴と戦う。現在の状況をどう見ているか。

「あと2試合勝てば残留できると思っている。しっかりと準備をしていきたい」

順位表

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【関東1部/動画ハイライト】東京23 2-1 桐蔭横浜大
    関東1部 9月8日

  2. 写真ニュース

    東京23、桐蔭横浜大に2-1勝利 連敗止め残留へ望み
    関東1部 9月7日

  3. 映像ニュース

    【関東1部/動画ハイライト】東京ユナイテッド 2-0 東京23FC
    関東1部 8月19日

  4. 映像ニュース

    【関東1部/動画ハイライト】東京23FC 0-3 日立ビルシステム
    関東1部 7月29日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP