東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

試合後のミーティングで話をする海老澤監督。

東京都リーグニュース

明学は開幕6戦勝利なし 課題のセットプレーで失点

写真:試合後のミーティングで話をする海老澤監督。

<東京1部:明治学院 2-2 アストラ>

 明学スカーレットはまたしても勝利を挙げられなかった。前半は若さと勢いがマイナスに働き、激しくボールを奪おうとするプレーがファウルへとつながり、相手に得意のセットプレーから先制点を許す格好となった。海老澤監督は「相手にはいいキッカーがいる情報はあったし余計なファウルは注意はさせたが、ガツガツ行ってしまった。前を向かせない、挟み込むだけでよかったが、社会人に比べてその辺の経験が足りない」と戦況を振り返った。

 徐々にペースをつかみ始めた前半の終盤以降は若さが勢いを加速させ、後半にはサイド攻撃からMF中川が同点ゴール。しかし、そのいい流れを断ち切られるようにまたしてもセットプレーから一発で失点。「開幕からずっと抱える課題。セットプレーもそうだが、それを与えるプレーを減らさないと」と監督。そこからもう一度盛り返して、終盤にはCKからFW直野が同点ゴールを決めたが、逆転には届かず勝ち点1にとどまった。

 通算成績は3分け3敗となり、開幕から未だ勝利なし。監督は「勝てていない状況でも選手は練習から前向きに取り組み、みんなでいい雰囲気を作っている。あとは僕が勝たせなくてはいけない」と自らに発破をかけていた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    アストラ 追いつかれてのドロー3度目 川島監督「強さまだ足りない」
    東京1部 6月4日

  2. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】明学スカーレット 2-2 アストラ
    東京1部 6月3日

  3. 写真ニュース

    アストラと明学は2-2ドロー 東京1部
    東京1部 6月2日

  4. 写真ニュース

    明学スカーレットは初黒星 監督「スペース消された」
    東京1部 4月1日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP