東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

試合後に話をする川島選手兼監督。

東京都リーグニュース

アストラ 追いつかれてのドロー3度目 川島監督「強さまだ足りない」

写真:試合後に話をする川島選手兼監督。

<東京1部:明治学院 2-2 アストラ>

 アストラは2度リードする展開を生かせず、TF、東蹴戦に続き、今季3度目となる追いつかれてのドローとなった。通算成績は2勝3分けとなり、開幕からの無敗を保ったものの、勝ち切れなかった思いを川島選手兼監督は「仕方がないと思う気持ち半分、勝たなくてはいけない気持ちも半分」と話した。

 得意のセットプレーで早々に得点を挙げて前半を1-0で折り返すと、後半14分に一度は同点に追いつかれたが、直後にCKから臼倉が得点を挙げて2-1と勝ち越し。だが、以降の時間は「予想以上に蹴ってきた」という学生の奥行きがあり、且つ幅を取る攻撃に振り回され、次第に選手同士の距離は広がり自陣にスペースが目立ち始めた。

 セカンドボールが拾えず、ミスでボールを失いピンチを招く事態に陥ると、最後は残り5分のところで持ちこたえられずにセットプレーで同点ゴールを献上。「追加点を取る強さ、耐え切る強さがまだまだ足りない。うちはそんなに強いチームではないし、1点差で勝てるチームを目指していかなくてはいけない」と90分フル出場した選手兼監督は無念そうだった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    明学は開幕6戦勝利なし 課題のセットプレーで失点
    東京1部 6月4日

  2. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】明学スカーレット 2-2 アストラ
    東京1部 6月3日

  3. 写真ニュース

    アストラと明学は2-2ドロー 東京1部
    東京1部 6月2日

  4. 写真ニュース

    アストラ川島監督 東蹴鈴木監督 一問一答
    東京1部 4月23日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP