東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

セルベッサ石割監督 東京海上村上監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のセルベッサ-東京海上の試合が26日に行われ、スコアレスドローに終わった。通算成績はセルベッサが4勝1分け1敗、東京海上は2勝3分け1敗。試合後のセルベッサ・石割監督、東京海上・村上監督との主な一問一答は次のとおり。

石割 健監督

CERVEZA FC 東京

CERVEZA FC 東京:石割 健監督

──前節は南葛に勝ったが、今節は東京海上と引き分けた。勝てなかった原因は。

「決して南葛より東京海上が弱いということはなくて、1点を取るのがどちらが難しいチームかといえば東京海上だと思う。その1点を取るチャンスがありながら取れなくて、サッカーってこういうものなのかなと思った」

──得点を取るチャンスに関しては前節よりも少なかったか。

「前節より少なかったと思う。東京海上はしっかり守備の人数を揃えて約束事を守るチームだから、それを崩すのは難しい。南葛の場合はボールを保持するから4-4の形は確実にどこかで崩れるし、そこで入れ違ったりすると隙が生まれる。守備さえ我慢すれば攻撃はやりやすかった。でも、東京海上は攻撃の時は蹴ってこぼれ球をしっかり拾う、守備の時も相手に蹴らせてそれを跳ね返してボランチが回収するし、なかなか隙がうまれない。それを徹底されてしまった。立ち上がりの時間というのは、お互い強度が強くて堅い試合になるが、その堅い時間があまりに長引いてしまった。もっとその強度を途中でいなして軽くできれば良かったが、前半は完全に相手に付き合ってしまった。でも、後半は良くなったと思う。相手もこの気候なのでさすがに疲れていた」

──相手のサイド攻撃をどう抑えるかが一つポイントにあったと思う。前半は危ない場面も作られた。

「人数が揃っていればやられないが、相手のMF堀田は攻め残るというか、中途半端なところに残っている。うちがボールを失った瞬間、もしくはこぼれ球を拾われて顔を上げた瞬間には約束事のように裏を取ることをやってくる。それを何度かやられてしまった。でも、そういったセカンドボールやこぼれ球というのはゲームの流れからくることなので、特に気をつけようという話はしていない。ただ、後半に向けて言ったのは、堀田にマークを剥がされてもCB2枚がカバーに行くのではなくて、極力、中で我慢するようにと言った。相手は堀田のクロスに中央で合わせるのが得点パターンなので、できるだけCBではなくてボランチがカバーにいくように伝えた。でも後半、堀田は消えていたし、そこまで怖い場面はなかった」

──後半はセルベッサのペースにもなったが、前線でFW中島選手が思うようにシュートに持っていけなかった。

「相手が強いというのもあるし、研究もされているだろうから難しいところはある。彼自身も悩んでいる部分があると思う。彼には、前線では簡単にプレーしてそこからゴール前にパワーを持って入っていく、何度も動き直して再現性のあるものを作っていかないと、なかなか得点にはつながらないよと伝えている」

──これで4勝1分け1敗となった。次節に向けては。

「次の試合がエリースだと思うが、3週間後なのでありがたい。それまでに新しい選手、戦術も試せると思うし、選手個人のコンディション作りも試される。何と言っても首位のチームと戦うことは楽しみ」


村上 康一監督

東京海上FC

東京海上FC:村上 康一監督

──セルベッサとの一戦、引き分けに終わった。感想は。

「セルベッサというのは東京1部の中でもどうしても勝ちたい相手で、それは毎年同じ。彼らに勝つということをひとつの目標としてやっている中で勝てなかったというのは素直に残念」

──前半はいいペースで試合を進めていた印象だったが、監督自身は戦況をどう見ていたか。

「最初の15分あたりは余計なファウルが多くてピンチを迎えてしまう場面があった。そこからファウルを気をつけるように修正を図ったことで少しずつ自分たちの流れが出来ていた。ただ、そこで決め切れなかった。今日もそうだが、今季はバーやポストに当たってビッグチャンスを逃すということが続いてしまっている」

──狙いどころはどのあたりに考えていたか。

「相手は両サイドハーフに足が速い選手、ドリブルのうまい選手がいる。でも逆に彼らが攻撃に出たあとのスペースであったり縦の連係の部分では狙い所があると思っていた。そこをこちらが縦に崩してクロスを上げて、中で仕留めようという考えを持っていた。堀田が左サイドを崩して、中央で早坂がヘディングでバーに当てた場面はまさに狙っていた形だった」

──後半は途中でFW秋岡選手を入れた。狙いとしては。

「秋岡はスタートから使いたい選手ではあるが、今はまだコンディションの部分で回復しきれていないので、今回は30分だけ使った。おそらく相手は秋岡を知っている選手が多いと思うし、秋岡の名前だけで嫌がるし、実際、プレースタイルも嫌だったと思う。狙いとしてはトドメを刺しに行く、勝ち切るために投入した」

──これで2勝3分け1敗という成績になった。この状況をどう捉えているか。

「厳しい状況には変わりはないし、そこは自覚している。でも最終的な目標である関東大会、関東リーグ昇格ということに関しては全然諦めていない。今シーズンのリーグは波乱も起きているし、最後の最後までわからないと思うので、みんなで一致団結してやっていきたい」

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】CERVEZA 0-0 東京海上
    東京1部 5月27日

  2. 写真ニュース

    セルベッサ石割監督 南葛福西監督 一問一答
    東京1部 5月21日

  3. 写真ニュース

    セルベッサ、王者南葛に2-0勝利 白熱の攻防制す
    東京1部 5月20日

  4. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】明治学院 2-2 東京海上
    東京1部 4月29日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP