東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

セルベッサ石割監督 南葛福西監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部の南葛-セルベッサの試合が19日に行われ、セルベッサが2-0で勝利した。通算成績はセルベッサが4勝1敗、南葛は3勝1分け2敗。試合後のセルベッサ・石割監督、南葛・福西監督との主な一問一答は次のとおり。

石割 健監督

CERVEZA FC 東京

CERVEZA FC 東京:石割 健監督

──南葛という相手に2-0で勝利した。

「勝つならこういう形だと思っていた。うちは力のあるチームに対しては、意外とはまるところがある。ただ、南葛と試合をやるのも久しぶりだったし、メンバーも変わっていたので、ボールの取りどころを開始から探っていけよと話していた。注意すべきは最終ラインの左利きの選手から対角線に出てくるロングボール、それと中盤の安田選手のサイドチェンジ。ロングボールはそれほど出てこなかったので助かったが、安田選手には押し込まれてからサイドチェンジをされてしまい、DF陣がボールとマークを見れなくなる場面があった。相変わらずゴール前の佐々木選手は怖いし、冨岡選手のヘディングも強い。ボールとマークを見れない状況でクロスを上げられた時はものすごく怖かったが、そこを守備陣がよくしのいだと思う」

──よく耐えていた反面、前半からチャンスも多く作れていた。

「立ち上がりにうちのFW中島と相手のCBがマッチアップした時、あそこは行けると思った。それと試合前に言っていたのは、相手は急造チームなので、CBとSBの間、CBとGKの間が必ず連係の部分で空いてくるし、穴になると話していた。立ち上がりのプレーでやっぱり右SBとCBの間はミスマッチが起きていたし、そこにボールを入れればマイボールの時間を作れる。相手は『なんでそこやられるんだよ』というような神経質な時間になるし、あの位置にポイントを作れたことが、防戦一方にならずに済んだ要因だと思う」

──高い位置でボールを奪ってからは、一気に行けるならいけという考えだったか。

「相手はプレスバックをするというより、中盤の選手たちはDF陣に任せて見ている部分がある。そのタイミングでこちらがうまく入れ替われたら、大チャンスになる。ゴール前にいく人数も相手よりもうちが早くいけるし、急造チームというのはこういうところにウィークポイントが出てくると思っていた」

──しかし、なかなか点が入らず我慢比べの展開になった。どう考えていたか。

「最近は攻撃陣が揃っているので、最初はFW中島と上村でスタートさせて後半途中で矢野と山内を入れた。今日は割とサイドハーフが高い位置でボールを収めることができていたので、そこで前の2人が運動量を惜しまずにしっかり動き直せばクロスに合わせて点が取れるんじゃないかと思っていた。それと前の2人は相手にプレッシャーを掛けるのが得意だから、ビルドアップのミスを誘発したり、ショートカウンターも出せていた。とにかくサイドハーフ含めて、今日はひたすら走りまくれと伝えていたし、そういったことを我慢強く続けられた結果、あのような形で点が取れたと思う」

──改めて南葛から挙げた1勝はどんな意味をもつか。

「やはり純粋な社会人チームからすると”ストップ・ザ・南葛”という想いがある。それはうちだけでなく東京海上やアストラにしても。それを僕らがやりたかったので、それができた今日は痛快な一日になった。ただ、次はその上位3チームに入ってくるであろう東京海上と戦うことになるし、今日の南葛よりもうちのことをよりリスペクトしてくるし強い。仕事の環境なども似ているし、どっちがこの一週間でいい準備ができるかの勝負。東京海上のコンディションの作り方、メンタルの作り方はやっぱりすごいから、そこを僕らがどう上回れるかも楽しみ。あまり先を見るよりかは、次に大きな相手が待っているのでそこに集中して臨みたい」


福西 崇史監督

南葛SC

南葛SC:福西 崇史監督

──0-2という結果について。

「今日は我慢の試合でもあったと思うし、相手もよく走っていたから1点が重要なゲームになると思っていた。ただ、その1点が取れなかった」

──考えていたような展開には持っていけなかったか。

「試合の展開というのはどうなるかわからない。でも自分たちのサッカーが出来なかったというのはある。相手を動かしきれずゴール前までいけなかったわけで、そのあたりはもうひとつ、ふたつと突き詰めていかなくてはいけない。あとはシンプルに点を取る競技なわけだから、そのためのパワーアップも図っていかなくてはいけない」

──なかなか点が取れず、交代策も施した。戦況をどうみていたか。

「いるメンバーの中でどうやって結果を出すか、点を取るかを考えていたが、その中で取れなかった。これが結果だし、受け入れなくてはいけない」

──現状ここまで6試合を戦い、3チームから勝ち点3を取る機会を逃した。振り返るとどうか。

「結果がすべてだし、実際には出ていないからよくないと思う。ここからチームをどうしていくかが大事になる。きれいごとではないし、このカテゴリーだからどうということではなく、もう一度気持ちを引き締め直してやっていかなくてはいけない」

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】南葛SC 0-2 CERVEZA
    東京1部 5月20日

  2. 写真ニュース

    セルベッサ、王者南葛に2-0勝利 白熱の攻防制す
    東京1部 5月20日

  3. 写真ニュース

    セルべが南葛破り4勝目 アストラなど2勝目 OSSAは初勝利
    東京1部 5月20日

  4. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】南葛 8-4 三菱UFJ
    東京1部 5月13日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP