東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:前半に河本が先制点を決めて喜ぶ東京U。

関東リーグニュース

東京ユナイテッドが2勝目 浦安に3発勝利

写真:前半に河本が先制点を決めて喜ぶ東京U。

<関東1部:東京U 3-0 浦安>

 関東サッカーリーグ1部の東京ユナイテッドは29日、ホームの小石川運動場でブリオベッカ浦安(千葉)と前期3節を戦い、前半に河本と室崎、後半には伊藤が追加点を奪って3-0で勝利した。東京ユナイテッドの通算成績は2勝1敗。次節は5月4日に東京23FCと戦う。

好機逃さず MF伊藤が1G1Aの輝き

 前半を終えてスコアは2-0。だが、ゲーム内容を振り返ると、逆のスコアになる可能性も十分に匂わせた。開始9分、相手にエリア内に切り込まれて1点もののシュートを浴びたがクロスバーに救われ、以降もDFラインとボランチの間にどっしり構える浦安のFW竹中にポストプレー、裏を取られるなど散々自由を与えた。37分には塚本のパスミスからショートカウンターを浴びて竹中に決められたが、これも紙一重のオフサイドの判定に救われた。そんな状況下でもハーフタイムを迎えた時には2点リードしているからサッカーとはわからない。

 東京Uの1点目は20分。CKのこぼれ球をDF井上が再度ゴール前に放り込むと、密集地帯のバウンドボールに突如現れたFW河本が飛び蹴りでネットに突き刺した。2点目は41分にカウンターで一突き。中盤の高めの位置で岡庭が相手からボールを奪うと、すかさず前の伊藤へ。ボールを受けた伊藤はすばやくマークを交わしてもう一つ前に走り出す室崎へ。その室崎が飛び出すGKをかわすようにうまく蹴り入れて追加点。劣勢ながらも少ないチャンスを確実に得点に結びつけるあたりが、開幕から1勝1敗の東京Uと、1分け1敗で未勝利の浦安との差を感じさせもした。

 2点目をアシストした伊藤は「普段は自分がボランチをやっていて、奪ったらすぐに前へ出すことを意識している。それを今日は岡庭がやってくれた。あの1本目のパスで決まった」。この日の伊藤はボランチではなくその一列前。普段の出し手はボランチからパスを受ける場所を心得ており、岡庭から素早くボールを受けると、それに連動して前へ走り出す室崎にさらに縦パスをきれいに通して完結させた。

 前半はシュート4本で2点、後半はシュート2本で1点。いずれも相手よりも少ないシュート数でゴールを実らせ、貴重な勝ち点3を掴み取った。「試合の流れに関係なく勝ち点3を取れるチームにしていきたい。その為には今日のように失点0が大切」と伊藤。開幕3試合を終えて2勝1敗。内容に課題は残れど、まずまずのスタートを切った。

関東サッカーリーグ1部

  • 東京ユナイテッド 3-0 ブリオベッカ浦安
    【得点者】
    20分 河本 明人(東京U)
    41分 室崎 雄斗(東京U)
    60分 伊藤 光輝(東京U)

順位表

PR

PR

関連記事

  1. ニュース

    東京Uが2勝目 東京23と日立はドロー 東京勢結果
    関東リーグ 4月29日

  2. ニュース

    東京23が初勝利 Criacaoは2連勝 東京勢結果
    関東リーグ 4月14日

  3. 写真ニュース

    東京U福田監督「今年はハードワークを見せたい」一問一答
    関東1部 4月8日

  4. 写真ニュース

    東京ユナイテッド、1点逃げ切り白星発進 室崎決勝点
    関東1部 4月7日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP