東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

東京都リーグニュース

アストラ川島監督 東蹴鈴木監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のアストラ-東京蹴球団の試合が21日、葛飾区・私学事業団総合運動場で行われ、両者譲らず1-1のドローに終わった。通算成績はアストラが2戦2分け、東蹴は3試合を戦い1勝2分け。試合後のアストラ・川島監督、東蹴・鈴木監督との主な一問一答は次のとおり。

川島 拓監督

アストラ倶楽部

アストラ倶楽部:川島 拓監督

──最後に追い付かれてドローという結果になったが、感想は。

「何度も戦っている相手だったし戦い方もわかっていたのに、最後に警戒していたセットプレーでやられてしまった。みんなすごく悔しい思いをしていると思う。結論としては、一つひとつの積み重ね、プライベートの自立、練習に対しての向き合い方などを含めて、うちにはまだまだ隙があるということ。チームも僕自身も未熟で、相手の弱点を突けずに逆に突かれてしまうというのがチームの今の現状だと思う。でもまた次に向かってしっかりとやっていきたい」

──前半にセットプレーで先制点を奪ったが、狙いだったか。

「セットプレーは相手の長所だと思うが、自分たちにもいいキッカーがいるし、長所だと思っている。そこは狙いにしていたし、点を取れてよかった。それ以外のところでいうと、相手は密集してセカンドボールを取りにくるところがあるので、後ろで回している時もできるだけ早いサイドチェンジをして分散させて、そこからスピードをアップするイメージでいた。前半は何回か早いサイドチェンジが出来ていたが、後半は少しずつボールが落ち着かなくなり、狙っていたようなシーンは少なかった」

──後半は相手のロングボールに押し込まれる時間が続いたが、そういった時にやはり松田選手がいないなどの影響は感じたりするか。

「もちろん松田がいない影響はあるが、誰かがいないからなどと言っても仕方がないこと。今日は最後にやられてしまったが、安井を中心にセットプレーを含めて対応できていたし、浅間も競り合いの部分ではよくはね返せていたと思う。それに松田や山本といったメンバーも参加できる時があるので、そこでしっかり戦っていきたい」

──これで2試合を終えて2分け。2試合とも追い付かれてのドローという展開になってしまっているが、今後に向けては。

「やはり今日もそうだが、後半に追加点を奪えるような匂いがしなかった。まずはそういったチャンスを増やしていくこと。守備に関してもよく耐えてはいたが、最初に言った通りうちのチームにはまだまだ隙がある。隙がないチームであればしっかりと1-0で逃げ切れていたと思う。そこは一人ひとりの自立が必要になるし、シーズンを通して成長していくしかないと思っている」


鈴木 基之監督

東京蹴球団

東京蹴球団:鈴木 基之監督

──最後に追いついてドローに持ち込んだが感想は。

「こういった試合展開になるのではないかと予想はしていた。1点勝負もしくはお互いセットプレーで決着がつくという展開になると思っていた。そういった中で先にセットプレーから1点を奪われてしまったことが勝ちきれず、引き分けに終わった原因だと思う」

──アストラに対して注意していた点は。

「一番は相手の小松のキックの精度とクロス。それとセットプレーからチャンスを作っているので、そこは3週間前から散々言ってきた。にも関わらず、案の定その小松のキックのセットプレーからやられてしまった。あとはメンバーがだいぶ変わっていたのとポジションの配置だったりが予想していたのとは全然違って少し戸惑った」

──そこはやり辛かったか。

「予想は違ったが、どちらにしても前回の東京カップでは勝てたけど、今回も2回続けて簡単に勝てるなんてのは選手含めて全員思ってはいなかったから、そういった意味では予想通りの厳しい試合だった」

──相手のポイントとしてはやはり小松選手のキック、そしてセットプレーだったと思うがその対処、対応はどう考えていたのか。

「小松のキックに関しての注意はこれまでに100回くらい言った。失敗したのは、人のマークの付き方。今までは相手に松田がいたから、そこにうちの成田をはっきり付ければよかった。でも今日は松田がいなかったし、誰が誰にどう付くのかが少し曖昧だった。結局、その成田がFW不老に付いてたけど、不老は裏から回って入ってくるから、前半は成田がマークを外して2回シュートを撃たれて、そのうちの1回が失点につながってしまった。『成田、ふざけんなよ』って話をハーフタイムにして後半は修正したが、相手の面子が変わって曖昧になったところがあった」

──点を取りにいく後半についてはどんな狙いだったか。

「相手の最終ラインが浮き球の処理などで少しバタバタしている印象があったので、浦江にどんどん狙って突いていこうという話をした」

──結果的にはセットプレーで最後に同点に追いついたが、それ以外の得点パターンというのも今後勝ちきっていくためには必要だと思う。そのあたりについては。

「うちには個人でドリブルで突破して崩せるようなタイプもいないし、縦パスを入れながらパスで崩していくのも難しいのが現状。やはり今はシンプルな形で、今日のようにセットプレーからの得点が多くなると思う」

──3戦を終えて1勝2分けという成績については。

「前回の養和戦もPKで先制されて以降は特に問題はなかったし、課題はやはり失点。今日も先に点を取られなければ、勝ち点1が3になっていたと思うし、そのあたりをしっかりとやっていきたい」

PR

PR

関連記事

  1. 映像ニュース

    【東京1部/動画ハイライト】アストラ 1-1 東京蹴球団
    東京1部 4月22日

  2. 写真ニュース

    セルべが開幕3連勝 アストラと東蹴はドロー
    東京1部 4月21日

  3. 写真ニュース

    エリース開幕3連勝 海上、南葛も勝利 東京1部
    東京1部 4月14日

  4. 映像ニュース

    【東京カップ/動画】東京蹴球団 2-0 アストラ
    東京カップ 2月25日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP