東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:前半にヘディングで先制点を決める三菱養和の杉村。

東京都リーグニュース

三菱養和 「らしさ」取り戻し5点完勝 最後まで距離感乱れず

写真:前半にヘディングで先制点を決める三菱養和の杉村。

<東京1部:三菱養和 5-0 三菱UFJ>

 開幕戦で0-5と派手に敗れたかと思えば、前節の引き分けを挟んで今節は5-0の完勝。「開幕戦の負けも特に悲観はしなかった。むしろ去年よりも内容は良かった」と主将のMF引間はいう。大敗したスコアに目を向けるよりも、スポットを当てたのはむしろ自らのサッカーの内容の方。敗戦もポジティブに捉えられるのがこのチームの良さなのだろう。

 この試合の前半、養和は前からプレスを掛けて相手にどんどん圧力をかけた。パスの出どころには常に複数人が寄せられる距離感を味方同士で保ち、ボールを奪ってからもその距離を崩さず、連動しながらシュートまで持っていく。引間いわく、前からのプレスや戦術は、狙いでもなく、監督の指示でもなく「選手個々の判断でやっている」自然な感覚の動きらしい。MF杉村も「今日は特別に何かを変えたわけではなく、単純に距離感が良かった」という。

 この養和の距離感、空間でサッカーをされると相手は簡単にそこから抜け出せなくなる。事実、前半はほぼ養和が相手陣地でゲームを進めた。加えて距離感が良ければ自然と呼吸も合うのがサッカー。

 前半30分、養和が恵津森のシュートでCKを獲得すると、両チームともにエリア内にゆっくり集結。だが、一瞬まったりした時間の流れを断ち切るようにボールをセットした引間は突如ショートコーナーを選択。三菱UFJのMF大矢が緩めたマークの目を盗み、左SB下村が近寄ってパスを受けると、すかさず得意の左足でピンポイントのクロス。慌てふためく三菱UFJの守備陣の間隙に飛び込んだ杉村は、「時すでに遅し」と言わんばかりのヘッドをズドンと叩き込んで先制。「自分と下村、そのあとの下村と杉村。呼吸の合わせ方は長年一緒にやっているからわかる。そこが相手との差になった」と引間は一連の流れを振り返った。

 守備においても相手の攻撃を前半はシュート4本、後半は2本に封じ込めて無失点を達成。「0で抑えられたことは大きな収穫。関東大会に出場できた頃に近いサッカーが戻ってきている印象」と引間は手応えを口にする。杉村も「去年もそうだが、結局、得点が取れるのは形にこだわらず、ゴール前に飛び込んで合わせるシンプルな形。これを続けていきたい」と力を込めた。

 開幕3戦を終えて、勝ちも負けも引き分けも味わった養和。次の試合が真価を問われることになるが、この試合で何かのきっかけをつかんだのは間違いなさそうだ。

東京都リーグ1部

  • 三菱養和 5-0 三菱UFJ
    【得点者】
    30分 杉村 オスカル(三菱養和)
    35分 恵津森 究(三菱養和)
    42分 杉村 オスカル(三菱養和)
    77分 下村 悠太(三菱養和)
    85分 杉村 オスカル(三菱養和)

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

  1. 写真ニュース

    主力抜けた三菱UFJは5失点 監督「ここからは上積みあるのみ」
    東京1部 4月15日

  2. 写真ニュース

    エリース開幕3連勝 海上、南葛も勝利 東京1部
    東京1部 4月14日

  3. 写真ニュース

    三菱養和、不安な船出 守備脆くシュート少なく
    東京1部 3月25日

  4. 写真ニュース

    セルベッサ、完璧な開幕 養和に5-0完勝
    東京1部 3月25日

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP