東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

写真:2戦目で初黒星を喫した明学スカーレット。

東京都リーグニュース

明学スカーレットは初黒星 監督「スペース消された」

写真:2戦目で初黒星を喫した明学スカーレット。

<東京1部:エリース 4-2 明学スカーレット>

 開幕戦で王者南葛を相手に2-2で引き分け、手応えをつかんだ明学スカーレットだったが、2戦目は関東から降格したエリースに2-4で敗れ初黒星。海老澤監督は「南葛さんとはまた違ったレベルの高さがあり、組織的でいいチームだった」と相手を称えた。

 前半は持ち味のプレス、パスワーク、さらにはFW佐藤、MF平田の素晴らしいゴールで互角の展開を演じた。だが、1点を追いかける後半はややボールを持たされている感もあり「裏のスペースを消され、下でつなぎたかったけど、そこもコンパクトにされてスペースをもらえなかった」と監督。さらに終盤は運動量で勝るという算段が外れ、得点を奪えないまま逆にロスタイムに失点を許して力尽きた。「エリースさんは最後まで運動量が落ちなかったし、声も出ていた。本当にいいチーム。この2試合の経験を生かしてここからまた頑張りたい」と監督は敗戦を受け入れ、気持ちを切り替えた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP