東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

開幕戦に敗れて肩を落とす三菱養和のイレブン。

東京都リーグニュース

三菱養和、不安な船出 守備脆くシュート少なく

写真:開幕戦に敗れて肩を落とす三菱養和のイレブン。

<東京1部:三菱養和 0-5 CERVEZA>

 開幕戦で0-5の大敗という苦い船出となった三菱養和の主将・MF引間は「うちが理想とするような大人のチームだった。力の差をはっきり見せつけられてしまった」と完敗を認めた。これまでの養和は多少点を取られても、1点、2点は取り返す反撃力があったはず。だが、この日はボールは回せても相手の急所を突くような縦のくさびのボールが入らず、引き出せずで、相手DFをバタつかせることもなかった。反撃に出なければいけないはずの後半に限ってはシュートわずか1本。

 引間は「ここ数年に比べると、求める理想のところに近付けてはいるが、ゴールまでの残りの3分の1のエリアでの工夫が足りない。今日も怖さを見せられなかったし、自分や杉村が何かを見せなくてはいけない」と反省しきりだった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP