東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

開幕戦を引き分け、うつむいてピッチを去る海上・堀田ら。

東京都リーグニュース

東京海上、昇格組のGIOCOと1-1ドロー

写真:開幕戦を引き分け、うつむいてピッチを去る海上・堀田ら。

<東京1部:東京海上 1-1 駒大GIOCO>

 昨季3位の東京海上は2部から昇格を果たした駒大GIOCOと1-1で引き分け、2年連続のドロースタートとなった。

 前半は相手の得意とする縦のロングボールを中盤と最終ラインが集中して跳ね返し、それを回収し、最終ラインを高く保ってうまくゲームを進めた。35分にはPKをMF首藤が決めて先制。だが、後半は一転、早々にエリア内でCB川村が犯したファウルからPKを決められて同点に追いつかれると、以降は運動量が衰えるどころか益々上がる相手にひらすら防戦。蹴って前へ、クリアで跳ね返して前へ、常に攻撃のスイッチを入れ続ける大学生の勢いに苦しんだ。MF堀田は「一回ボールを持たれると、長いボールを蹴られて最終ラインを押し下げられる。こちらはまた自陣で一からになる」と苦境を振り返った。

 自身は左サイドに開いてボールを待ち構えたが、思ったようにパスが巡らず「ボールを持ってプレーする時間があまりに短く、リズムを作れなかった」と本領発揮できず。終盤にかけてようやく左から中へのドリブル、鋭いクロスと”らしさ”も出たが、決勝点を奪えずタイムアップ。「正直、勝ち点3を取りたかった。ただ、こういうスタイルの相手は他にいないと思うし、自分たちが何かを変えるというより、もう一度自分たちのやるべきことをやって次の試合に臨みたい」と気持ちを切り替えた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP