東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

南葛はカベッサ、デイビッソンのブラジル人コンビが活躍し快勝。

東京都社会人サッカーチャンピオンシップニュース

南葛が2次戦進出 アローレ 東蹴 アストラは決勝へ 東京カップ

写真:南葛はカベッサ、デイビッソンのブラジル人コンビが活躍し快勝。

 Aブロック決勝は東京1部の南葛が4-1で同2部の法政クラブを退け、2年連続となる2次戦進出を決めた。南葛は前半にCKからカベッサ、近藤大介がそれぞれネットを揺らして2点を奪うと、後半もデイビッソンのロングシュートと疋田大和のゴールで加点。最後に1点を失ったものの貫禄勝ちを見せた。南葛は2次戦の1回戦で今季から関東1部に昇格する日立ビルシステムと戦う。

 Bブロックは準決勝1試合が行われ、東京1部のアローレが同2部の東京U23に5-0で大勝し、24日の決勝へ駒を進めた。決勝ではCriacaoと戦う。アローレは開始早々に杉山大周が先制点を決めてペースをつかむと、その後は角田陸哉が2得点を挙げるなど活躍した。

 Cブロックは準決勝2試合が行われ、東京1部の東京蹴球団、アストラがそれぞれ勝利し、24日の決勝に駒を進めた。東京蹴球団は同1部の八王子と戦い、前半に2点を失ったが、後半30分に浦江智宏の得点で1点を返すと、アディショナルタイムに高野英司が同点ゴール。2-2で迎えたPK戦を4-3で制した。もう1試合はアストラが得意のセットプレーから山本大地、松田貫がゴールを挙げ、さらに臼倉宏が2得点を挙げるなど活躍し、同2部のFC N.を5-0で退けた。

東京カップ1次戦

■Aブロック決勝

  • 南葛SC 4-1 法政クラブ

■Bブロック準決勝

  • アローレ八王子 5-0 東京U23

■Cブロック準決勝

  • 八王子FC 2-2(PK3-4)東京蹴球団
  • アストラ倶楽部 5-0 FC N.

大会日程・トーナメント表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR


TOP

PAGE TOP