東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

早稲田U、今季から登録選手を現役早稲田大選手に統一 名称も変更

 今回のクラブ継承についての理由を早稲田ユナイテッドの公式サイトでは”「全ては現役学生の成長環境構築のために…」という大学組織として本来あるべき指針に立ち返り、「早稲田大学およびア式蹴球部の現役学生の成長への寄与」という大義の上で、早稲田大学ア式蹴球部によるクラブ運営継承という結論に至りました。”としている。

 昨季監督を務めた岩崎勇一郎氏(早稲田ユナイテッド代表)は今季もコーチ、理事として残留するが、昨季の在籍選手は全員退団が決まっており、他クラブへの移籍を模索することになる。すでに何人かの選手は東京1部のクラブなどへ練習参加を始めているとのこと。これで2019年シーズンの関東リーグは1部、2部計20チームのうち4チームが大学サッカー部となった。

【早稲田ユナイテッド】
2007年に早稲田大学サッカー部のOB選手などを中心に発足。2011年に東京1部に昇格すると、2014年には関東社会人サッカー大会で優勝し関東リーグ2部への昇格を果たした。以降4シーズンは関東2部に在籍し、昨年は東京2部のHBO東京やJ3のFC琉球(今季はJ2)などと業務提携もした。

◇クラブからのリリース
トップチームの運営体制変更に関するお知らせ(2月3日)
早稲田ユナイテッド公式サイト

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP