東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東社会人サッカー大会ニュース一覧 > 記事

関東社会人サッカー大会ニュース

Criacao主将DF金「勝てる自信あった」 石川、岡本一問一答

 関東社会人サッカー大会の決勝戦が18日に行われ、東京代表として臨んだCriacaoが延長戦の末に3-2で東邦チタニウム(神奈川)を下し、大会初優勝を飾った。試合後のDF金裕士、MF石川大貴、FW岡本達也との主な一問一答は次のとおり。

DF金 裕士

Criacao Shinjuku

「今年は絶対に勝てるという自信があった」

Criacao Shinjuku:DF金 裕士

──関東大会4度目の挑戦でようやく優勝という結果になったが。

「素直に嬉しい。過去に出場した大会は本当に悔しい思いをしたが、今はその経験があったから優勝できたと思えている。ここまでの道のりは無駄ではなかったし、これまでの積み重ねがこの結果につながったと思う」

──厳しい試合が続いたが、今大会を振り返ると。

「自分たちのサッカーができない時間帯でも『それでも勝つんだ』という強い気持ちを持って戦えるチームを成山監督中心に作ってきた。リーグ戦でも1点差の厳しい試合が続いたが、それでもしっかり耐えて戦えたことが、リーグ最少失点という結果につながった。今大会の接戦を勝ち切れたのも、そういった積み重ねがあったからだと思う」

──DFのリーダーとして臨んだが、守備面に関しての感想は。

「この大会も特に難しいことはやっていない。結局、去年のリーグ戦で22失点もしているのは戦術うんぬんよりもゴール前で身体を張るであったり、こまめにラインを押し上げるなどの小さなことを疎かにした結果。DFラインの統率を僕がやらせてもらったが、攻め込まれたとしても最後のところで誰かがシュートをブロックするであったり、基本的な部分の改善、徹底が大きな結果につながっただけだと思う」

──成山監督体制で今季をスタートしたが、どんなシーズンだったか。

「監督が来てくれて、やるべきサッカーが明確になった。どういうサッカーをするかということはもちろん大事だが、何をすればこのチームは強くなるのか、強みを出せるのか。逆にこういったことをすると弱みが出るということを明確に一年間伝え続けてくれた。あとは練習が去年に比べて地獄のように厳しくなって、本当に死ぬんじゃないかと思うくらい鍛えてもらった。勝ったから言うわけではないが、今年は絶対に勝てるという自信があった。それに大会前の準備においても天然芝、延長戦、大学生などあらゆることを想定して練習試合をこなしてきたが、その結果が優勝につながったのだと思う」

──関東リーグに向けての意気込みは。

「優勝しか考えず、チャレンジャーという気持ちで臨みたい。昇格1年目だから様子見ということではなく、関東1部昇格という明確な目標を持って戦いたい」


MF石川 大貴

Criacao Shinjuku

「関東昇格という結果で恩返しができた」

Criacao Shinjuku:MF石川 大貴

──優勝という結果で終わったが、感想は。

「嬉しい気持ちもあるが、安心したという方が大きい。丸山代表、成山監督をはじめ自分をCriacaoに誘ってくれた人たちに対して、自分はどうやって恩返し、責任を果たせばいいのかをこの1年間考えてきた。準決勝の決勝点、決勝戦でも最後にアシストができたし、関東昇格という結果で恩返しができて良かった」

──今大会を振り返ると。

「リーグ戦とは違うトーナメントの難しさがあった。それにさすが都県を勝ち抜いたチームが集まる大会だけあってレベルも相当高くて非常にタフなゲームばかりだった。特に準々決勝のザスパ草津チャレンジャーズ戦。途中アクシデントがありながらも、チームが一体感を持ってまとまって戦い、あの試合を勝ち切れたことが大きかった」

──成山監督で臨んだ今シーズンを振り返ると。

「成山監督が来てくれて、チームとしてはまとまれたと思うが、個々人が自分自身をしっかりモチベートして1試合1試合を全力で戦い抜けたかというと、そうではなかったと思う。特にリーグ戦の三菱UFJ戦で勝ち切れなかった時に感じた。来季、関東リーグを戦い抜くにはもう一度個人にフォーカスすることで、またチームとしても成長していけると思う」

──その関東リーグに向けての意気込みは。

「勝つだけでは意味がないと思う。なぜ僕らがサッカーをやっているのか、Criacaoというチームが社会に対してどういったインパクトを与えられるのか、そういったことも含めてしっかり考えてやっていきたい」


FW岡本 達也

Criacao Shinjuku

「過去の大会とは違った状態で臨めた」

Criacao Shinjuku:FW岡本 達也

──ようやく優勝という結果を残せたが、感想は。

「過去のメンバーも含め、色々な思いを持ってやってきたので、ようやくみんなの笑顔が見れて良かった」

──今大会を振り返ると。

「この大会を優勝するために成山監督が年間通してトレーニングを組んでくれた。そのおかげで自分たちは最後まで走れていたし、ケガ人もなくここまで来れた。選手の頑張り、監督のマネージメント力、過去の大会とはかなり違った状態で臨めたと思う」

──決勝戦は延長戦からの途中出場だった。最後に劇的な決勝点を決めたが、あの場面を振り返ると。

「最後に僕がピッチに入ったということは試合を決めるためのゴールが必要だということ。その準備をアップの時からしていた。でも、延長戦の前半が終わった時に監督から『もっとやってくれ』と怒られたので、もっと頑張らなくてはいけないと思った。得点のシーンは石川が抜け出して相手のDFラインが一瞬下がったのが見えたので、その逆を突いて戻るような形でポジションを取った。そこを石川がしっかり見ていてくれたので、決めることができた」

──今季は成山監督に相当鍛えられたと思うが、振り返ると。

「去年の1年間は、ケガ明けでコンディション的にも技術的にもしっくりきていないところがあった。やはり社会人をやりながらコンディションを上げていくのは簡単なことではないと感じていた。でも、今年は成山監督がしっかりメニューを組んでくれて、妥協せずにやるということをチーム全体に求めて僕自身も本当に覚悟を持ってやれた。正直、1年間ずっと毎週水曜日の練習が怖かった(笑)。でも、やり切れたと思うし、頑張ってきて良かったと思う」

──関東リーグに舞台を移すが、ここからも厳しい戦いが待っていると思う。意気込みは。

「僕らのクラブが掲げている『常に100%の力を出し切る』というところを大切にやっていきたい。その結果が最終的な順位につながってくると思うし、1年で1部に昇格できるように頑張りたい」

◇⼤会概要・トーナメント表・⽇程結果

第52回関東社会人サッカー大会

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP