東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

エリースが首位浮上 ZIONは優勝王手 東京2部

ZIONは2-1で慶應BRBを下して優勝に王手をかけた。

ZIONは2-1で慶應BRBを下して優勝に王手をかけた。

 東京都社会人サッカーリーグ2部は7、8日に各地で各ブロックの計11試合を開催した。

 1ブロックは3試合を開催。REAL TOKYOは我妻貴光の4得点の活躍などで第一三共を5-2で下し、4勝目を挙げて暫定6位に浮上した。FLUTTOは2-2で迎えた試合終了間際に東孝則がゴールを奪い、丸紅を3-2で退けた。東京ガスは前半に川村武蔵、後半には川村俊悟がネットを揺らしてINAHOに2-0で快勝。FLUTTOと東京ガスはともに勝ち点を10に伸ばし、FLUTTOが暫定10位、東京ガスは暫定12位につけている。

 2ブロックは4試合を開催。勝ち点24で並ぶエリースとBANDELIEの首位攻防戦はエリースが諸星匠の2得点の活躍などで3-1で勝利した。エリースは勝ち点を27に伸ばして首位に浮上し、残り2試合で2勝すれば無条件で優勝が決定する。敗れたBANDELIEは優勝争いから一歩後退。そのほかFC青山は武富尚紀の決勝ゴールで1-0でJALを下し、DESEO東京は佐久間竜大のゴールなどで3-0でプログレッソに快勝。fascinerとトリプレッタは2-2で引き分けた。

 3ブロックは4試合を開催。首位に立つZIONは3位の慶應BRBと対戦し、1-1で迎えた後半ロスタイムに神田傑が決勝ゴールを決めて2-1で競り勝った。ZIONは勝ち点を34に伸ばして首位をキープ。最終戦の2位法政クラブとの直接対決に勝利すれば優勝が確実となる。そのほかCriacao Procriarは後半に石井拓人のゴールを皮切りに6点を奪い、Racingに6-0で快勝。むさしのは梅津駿、川上悠斗がそれぞれ2ゴールをあげるなど活躍してFC多摩に8-0で圧勝し、東京消防庁は原田知輝の2得点の活躍などで3-1で東京教員を下した。

東京都社会人サッカーリーグ2部

[1ブロック]

  • FC INAHO 0-2 東京ガス
  • FLUTTO-FLUTTO 3-2 丸紅
  • REAL TOKYO 5-2 第一三共

[2ブロック]

  • DESEO東京 3-0 プログレッソ東京
  • FC青山 1-0 JAL FC
  • エリース東京CL 3-1 FC.BANDELIE
  • FC.fasciner 2-2 FCトリプレッタ

[3ブロック]

  • むさしのFC 8-0 FC多摩
  • Racing Club 0-6 Criacao Procriar
  • 慶應BRB 1-2 ZION FC
  • 東京消防庁 3-1 東京教員クラブ

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP