東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 国民体育大会ニュース一覧 > 記事

国民体育大会ニュース

東京・田中監督「選手には本当に感謝」一問一答

 第73回国民体育大会サッカー競技(成年男子)は9月30日から10月3日の4日間に渡り、福井県坂井市で行われ、3年ぶりに出場した東京は決勝で地元福井に0-2で敗れて準優勝に終わった。試合後、東京の田中浩監督は「本音は優勝したかった」と悔しさを滲ませながらも「決勝まで連れてきてもらえて良かった」と、選手には感謝を述べた。

田中 浩監督

東京都国体選抜(成年)

東京都国体選抜(成年):田中 浩監督

──準優勝という結果におわったが。

「本音を言えばやっぱり優勝したかった」

──それが達成出来なかったのは。

「選手は非常によく頑張ってくれた。厳しい4連戦という中で、最後まで力を発揮してくれたと思う。ただ、今日の決勝戦に関しては地元開催というプレッシャーがありながらも、あれだけ高い集中力で最後までプレーをしていた福井さんの強さを素直に認めるべきだと思う」

──本来はどういう展開に持ち込みたかったか。

「もう少しボランチのところでボールを動かしつつ、相手の5バックの両ワイドのスペースをタイミングよく使いたかった。でも相手のサイドも非常にタフに上下に動いて、なかなかスペースが見つけられなかった。逆に東京がサイドでキープできなくて、少し縦一辺倒になってしまって、ダイアゴナルのような斜めの動きでスペースを突きたかったが、それも難しかった」

──今日は交代選手もほとんどいなくて、体力的にも厳しかった。

「出ている選手は本当によく戦ってくれていたが、今日は選手交代でリズムを変えるということができなかった。そこは残念だったし、選手には申し訳なかった」

──改めて予選、本大会と今年の東京選抜チームを見てきての総括は。

「本大会の決勝戦まで連れてきてもらって、選手には本当に感謝している。最初はどうなるかなと思ったが、選手一人ひとりがチームメイトやスタッフを信頼して、日を経つごとに一体感がでてきて、最終日までこれたのは本当に良かった」

──東京の国体選抜チーム。今後の活動方針、あり方はどう考えているか。

「今大会の相手は1回戦の和歌山からすべて単独チームであったり、もしくはほぼ2チームによる混成チームだった。東京は基本的に選抜チームでやっていく方針にあるが、今後は単独チームで戦うなどの検証も必要になってくる。そういったことを考えなくてはいけないタイミングではあると思う」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP