東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 国民体育大会ニュース一覧 > 記事

国民体育大会ニュース

東京ベスト4入り 大分に2-0勝利

FW飯島の先制点を喜ぶ東京のイレブン。

FW飯島の先制点を喜ぶ東京のイレブン。

 第73回国民体育大会サッカー競技は福井県坂井市の2会場で準々決勝4試合を開催。3年ぶりに本大会出場を果たし、初戦を突破した東京はテクノポート福井総合公園スタジアムでJFL・ヴェルスパ大分のメンバーで固めた大分と対戦し、2-0で勝利した。東京は前回本大会出場を果たした2015年の和歌山国体以来となる準決勝進出で、明日は決勝進出をかけて宮崎と対戦する。勝てば2013年の東京国体以来の決勝進出。敗れた場合は3位決定戦にまわる。

JFLチームに怯まず堂々勝利 飯島、川越が得点

 だが、予選や本大会を通じて成長を続ける東京のイレブンも簡単にはひるまなかった。1つ2つと身体を張ってピンチをしのぐうちにMF伊藤が落ち着いてボールをさばきはじめ、17分には伊藤のパスで前を向いた飯島が、数ステップほど刻んでから鮮やかに左足でねじ込んで先制。東京が先に1点を奪った。

 そこからは頼もしいほどに積極的にプレスを掛けてボールを奪い、ショートパスで存分に相手を揺さぶりながら追加点を狙う東京。大森が決定機を決め損ねるシーンのあとは、相手にも決定的なチャンスを作られたが、前半はそのまま1-0で折り返した。

 後半も受け身に回らず、逆に積極的にプレスを掛ける東京は開始3分に左サイド深くにボールを持ち上がった堀田の折り返しを、逆サイドで川越が流し込んで2点目を奪い、勝利がぐっと近づいた。そこからは捨て身の攻撃でどんどん押し込んでくる大分に対し、東京も逆襲で3点目を狙うが途中出場の佐々木が決定機を決められず。

 終盤はオープンな展開になると、さすがに東京の足もふらつき、ミスも散見し始め、GK村下の相手に決定機を与える凡ミスも出た。それでもGK村下の背後に回ってCB河野が身体を張ってゴールを死守するなど、残り10分ほどは守備陣が奮闘。「攻撃陣に2点も取ってもらったのに守備陣が失点するわけにはいかないですよ」と主将の附木は踏ん張った。

 そのまま2-0でゲームを終わらせ、東京は2015年の和歌山国体以来の準決勝進出。田中監督は「予選で2試合、本大会で2試合。そしてここからの2試合。6連勝して優勝を飾りたい」と抱負を語った。東京はあす、JFLのホンダロックSC、テゲバジャーロ宮崎の2チームを中心に構成された宮崎に挑む。

第73回国民体育大会(成年男子)準々決勝

  • 大分 0-2 東京
    【得点者】
    16分 飯島 秀教(東京)
    38分 川越 勇治(東京)

<東京 出場メンバー>
GK村下将梧 DF山田真己人(45分:平尾柊人)、附木雄也、河野哲志、井上大 MF伊藤光輝、山田武典(48分:佐々木陸)、堀田稜、川越勇治、大森淳(70分:岡元思帆) FW飯島秀教(63分:堀晃一朗)

◇大会トーナメント表・東京メンバーなど

第73回国民体育大会サッカー競技(成年)

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP