東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

日立ビル寺地監督 エリース熊谷監督 一問一答

 関東2部のエリース対日立ビルシステムの最終節が23日に行われ、エリースが1-0で競り勝った。エリースは勝ち点を15に伸ばしたものの、すでに最下位が確定しており、来季は東京1部に降格することが濃厚。一方、前節首位の日立は優勝の可能性もあったが、敗れたことで2位でシーズンを終え、来季の1部昇格決定は持ち越しとなった。日立は今後、JFLと関東リーグ間の昇降格チーム数により、自動昇格か、または入れ替え戦にまわるかが決まる。試合後の日立・寺地監督、エリース・熊谷監督との主な一問一答は次のとおり。  

寺地廉監督

日立ビルシステム

日立ビルシステム:寺地廉監督

──0-1という結果に終わってしまったが。

「これが実力。仕方がないと思う」

──ただ、今日の試合は優勝がかかっていて、かなりこだわった部分があったと思う。

「もちろん優勝にはこだわっていた。2位TUYとの得失点差もあったが、それよりもまずは自分たちのやることをしっかりとやって、勝って終わろうという話をした。それでも勝てなかったのは自分たちの力がなかっただけで、エリースの方が今日はいいチームだった」

──TUYの途中経過を気にしながらゲームを進めていたか。

「自分のところにだけは情報が入ってきていたが、それを選手には一切伝えていなかった。ただ、TUYの結果は自分たちで操作できるものでもないので、まずは自分たちが勝つことだけに集中していた」

──前半からピンチが多々あったが、どんな印象だったか。

「前期のイメージよりエリースがつなぎの部分で良くなっていて、なかなか捕まえることができなかった。ただ、GK野津を中心に無失点で折り返してきてくれたので、後半少しやり方を変えて点を取りにいった」

──具体的な指示は。

「うちとエリースのシステムだと、どうしても中盤で相手の方が枚数が増えるので、後ろは多少リスクになってもいいので、コースを限定してボールを前から取りにいこうという話をした。あとは相手の足が途中から止まってくると思っていたので、そこで出足で負けなければチャンスはくるという話をした。前半よりかはチャンスは作れていたと思う」

──ただ、今日は相手のエリースも最後まで頑張っていたと思う。

「本当にそうだと思う。今日のゲームだけを見れば、今まで対戦した相手の中でも一番いいチームだった」

──今日はFW小島選手やMF大森選手が出場停止だった。言い訳になってしまうからということではなく、実際にはどうだったか。

「痛かったのは事実だと思う。前線でボールを収められる選手もいなかったし、中盤で運動量豊富に守備をできる選手もいなかった。あとはFW藤波をスタートから出したことで、ゲーム途中に変化を付けられる選手もベンチには少なかった。ただ、それも含めてチーム力の結果だと思う」

──改めて、関東2部を2位で終えた結果については。

「2位以上に入らないと1部へ昇格できないので、最低限の目標は達成できたと思う。今日負けたからどうということではなく、18試合の結果が2位なので、そこは仕方がないし胸を張れる部分もある。自動昇格できるかどうかは、JFLなどの結果にも左右されてしまうので、1部に自動昇格できることを祈りつつ、今後のKSLカップ、入れ替え戦のことを想定しながら活動していきたい」


熊谷寛監督

エリース東京

エリース東京:熊谷寛監督

──最後に意地を見せたと思うが、どんなゲームだったか。

「先週、最下位が決まってしまって選手たちはこの1週間落ち込んでいた。でも、最後に勝利という形で意地を見せたい、ケガでプレーできなくなった選手の分まで頑張ろう、とにかく一人ひとりが最後まで頑張る理由を見つけて戦ってくれた」

──順位が確定している中で迎えた最終戦だったが、メンバー選びや戦い方で変化をつけたところはあったのか。

「最下位という順位が決まった中でも最後までしっかりやり切るという選手を探してみたところ、みんな強い気持ちを持っていたので、大きく変わらなかった。昨日の練習、平日からの姿勢で期待している選手をそのまま出した」

──前半からかなりチャンスを作れていたと思う。

「先週は内容は良かったが、ミスから失点したり、チャンスで決められなかった。今日は簡単に得点を奪えなくても、最後には必ずゴールを奪う、決めきるということを意識させた。それとリーグの中断空け以降、プレスバック、攻守の切り替えを取り組んできたが、その意識がよく表れていたことがゲームをうまく運べた要因だと思う」

──ただ、前半はチャンスを幾度となく作りながらも決められなかった。ハーフタイムで話したことは。

「今日の前半のような内容はこれまでもあった。惜しいではダメ、という話をした。やはり結果を出さないと、ここに観に来てくれている人にしか自分たちがやっていることは伝わらない。だから絶対に結果を残して勝とうという話をした。後半はその通りに選手が結果を残してくれたし、最後に意地を見せることができたので良かった」

──ただ、リーグ全体を通して見ると最下位という結果に終わってしまった。この結果についての感想は。

「今日の試合で出来たような守備の安定感、接戦の試合を勝ち切るという力を、シーズンを通してだとなかなか発揮できなかった。それがこの順位に終わった結果なんだと感じている。特に攻守のバランスが開幕からなかなか落ち着かなかった。攻撃が良くても失点したり、逆に守りに入ると点が取れない。そのバランスが難しかった。それでも選手は常に高い意識を持って取り組んでくれて、リーグ中断空け以降にようやく結果が伴ってきた。そこは今後のカップ戦にもつなげていきたい」

──まだ100%降格が決まったわけではないが、実際には都リーグへの降格の可能性が高い。リーグが終わったばかりの状況ではあるが、エリースとしては今後どういう方向へ向かっていくかという考えはあるか。

「エリースは歴史の長いチーム。その中で、関東1部で活躍したこともあれば都リーグに降格したこともある。そういった色々な状況がある中でも、常に高い意識でサッカーに取り組んでいることで歴史を築けているのだと思う。もちろん今回の結果は僕自身、そしてスタッフが反省して学ばなくてはいけないが、この状況でエリースらしく活動していけるかどうか、戦っていけるかどうかを試されている時だと思うので、ステージがどうなろうと、エリースらしく強い気持ちでやっていかなくてはいけない」

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP