東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東京1部最終節 Criacao2位、海上3位、八王子4位確定 下位3チームも確定

Criacaoは最終戦でOSSAに勝ち2位で終えた。

Criacaoは最終戦でOSSAに勝ち2位で終えた。

 東京1部は23日、各地で最終節8試合のうち7試合を開催。前節優勝を決めた南葛はデイビッソンの決勝ゴールで八王子を1-0で破り、勝ち点を40に伸ばしてリーグ戦を終えた。Criacaoは金島の2試合連続ゴールで1-0でOSSAを下し、同35で2位を確定させた。東京海上は0-2の状況から首藤、秋岡、堀田のゴールで東京UPlusに3-2で逆転勝ちし、同33で3位。八王子は南葛に敗れたものの、アストラが三菱UFJと1-1で引き分け同26に留まったため、同27の4位で初の関東大会出場が確定した。関東大会には南葛、Criacao、東京海上、八王子の4チームが東京都代表として出場する。

 そのほかアローレは杉山のゴールが決勝点となり、3-2で警視庁に競り勝ち、同25の6位で1部昇格1年目を終えた。三菱養和は後半ロスタイムに木村がゴールを奪い、三菱商事を3-2で下して同21の8位、CERVEZAは近藤、中田、大森のゴールでKOREAを3-0で下し、同20の9位で終えた。

 なお、2部降格圏の下位3チームは三菱商事、KOREA、警視庁に決定し、警視庁は最下位が確定で来季は2部へ降格となる。KOREAは最終戦(対東京UPlus)が残っており、勝てば14位に浮上する。

 東京1部は16チーム中、12チームが今季の試合を全て終え、30日の東京UPlus-KOREA、東京蹴球団-TFSCの試合をもって全日程が終了となる。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 東京UPlus 2-3 東京海上
  • 八王子FC 0-1 南葛SC
  • アストラ 1-1 三菱UFJ
  • 三菱養和 3-2 三菱商事
  • OSSA 0-1 Criacao
  • 警視庁 2-3 アローレ
  • KOREA 0-3 CERVEZA

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP