東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

日立ビル首位浮上 2位以内確保 寺地監督「あくまで優勝目指す」

日立は最終戦を前に首位に立ち、2位以内も確保した。

日立は最終戦を前に首位に立ち、2位以内も確保した。

◇関東2部:日立ビルシステム 2-1 エスペランサ

 日立ビルシステムは17日、エスペランサ(神奈川)を2-1で破り、前節まで暫定首位に立っていたTUY(神奈川)に勝ち点34で並び、得失点差で2上回って首位に立った。また、最終戦を前に1部昇格条件の2位以内も確保。寺地監督は「まずは最低限の目標を達成できてホッとしている」と表情を緩めた。

 この日は台風の影響で流れた後期3節の延期試合で、両チームともに連戦。中1日あいたエスペランサに対して日立は前日にゲームをこなしており、実際には3位tonan前橋との試合終了からわずか25時間半後のキックオフ。「そのことを言っても結果に反映されるわけではないので、言い訳にはできない」と監督は潔かったが、ゲームが始まると選手の体は重たく、15分に守備への切り替えが遅れたところからカウンターを浴びて先に失点した。それでも時間が経つにつれて徐々に動きはよくなり、相手の激しいプレーにも熱く応戦し、38分に大森が同点ゴールを決めると、後半は拮抗した展開の中、82分にショートカウンターから堀が左足で豪快に決勝点を奪って2-1で勝ち切った。

 これで日立は首位に立ち、1部昇格となる2位以内も確保。ただし、JFLから関東リーグへ降格チームが出れば2位は入れ替え戦にまわる可能性があるため、「結局最後までどうなるかわからないし、あくまで自分たちは優勝だけを目指してやっていく。気持ちは最終戦に切り替えている」と監督はきっぱり話した。その最終戦は今節最下位が決定したエリースとの東京勢対決。「エリースはどんな状況でも強い気持ちを持って戦うチーム。うちも100%の気持ちで戦うしかない」と優勝に向けて意気込んでいた。

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP