東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

GIOCOが初黒星 ZIONの連勝が止まり法政が首位浮上

 東京都社会人サッカーリーグ2部は16、17日に各地で各ブロックの計10試合を開催した。

 1ブロックは4試合を開催。首位に立つGIOCOは三井住友と対戦し、1-2で敗れて11戦目にして初黒星を喫した。GIOCOは勝ち点28で順位は変わらず首位。残り試合数は2となっている。一方の三井住友は優勝争いに踏みとどまる貴重な勝ち点3を手にしている。FC N.は増田迪那のゴールなどで4-1でREAL TOKYOに快勝し、勝ち点を20に伸ばして暫定3位に浮上した。FLUTTOは香山洸哉の決勝ゴールで青梅との下位対決を1-0で制し、勝ち点7で暫定11位に順位を上げた。丸紅と東京ベイは1-1で引き分けた。

 2ブロックは2試合を開催。東京U23と東大ユナイテッドの上位対決は、東京U23が有路龍太のゴールなどで4-2で競り勝った。東京U23は勝ち点を25に伸ばして暫定首位に再浮上。残り試合数は2となっている。一方、敗れた東大ユナイテッドは3敗目を喫して優勝争いから一歩後退。SUGINAMIは伊野瀬友仁、阿久澤慎の得点でDESEO東京に2-1で逆転勝ちし、3勝目を挙げて暫定10位に浮上している。JALと明治学院スカーレットの試合は雷の影響により順延となった。

 3ブロックは4試合を開催。前節首位のZIONはCriacao Procriarと対戦し、前半に大野誠のゴールで先制したが、後半に同点ゴールを許して1-1のドローに終わった。ZIONの開幕からの連勝は9でストップし、2位に後退。変わって前節2位の法政クラブが野村総研を2-0で破り、勝ち点を28に伸ばしてZIONと並び、得失点差で4上回って首位に浮上した。法政とZIONの残り試合数は3。そのほか慶應BRBは齋藤勇太の2得点などで5-1で消防庁に大勝し、6勝目を挙げて3位をキープ。FC多摩とRacingは両者得点が奪えずスコアレスドローに終わっている。

東京都社会人サッカーリーグ2部

[1ブロック]

  • GIOCO世田谷 1-2 三井住友海上
  • FC N. 4-1 REAL TOKYO
  • 青梅FC 0-1 FLUTTO
  • 丸紅 1-1 東京ベイFC

[2ブロック]

  • SUGINAMI SC 2-1 DESEO東京
  • 東京U23 4-2 東大ユナイテッド
  • JAL FC(順延)明治学院スカーレット

[3ブロック]

  • 法政クラブ 2-0 野村総合研究所
  • FC多摩 0-0 Racing Club
  • Criacao Procriar 1-1 ZION FC
  • 慶應BRB 5-1 東京消防庁

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP