東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Criacao成山監督 アストラ玉田監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のアストラ-Criacaoの試合が9日、清瀬内山運動公園で行われ、Criacaoが2-0で勝利した。試合後のCriacao・成山監督、アストラ・玉田監督との主な一問一答は次のとおり。

成山一郎監督

Criacao Shinjuku

Criacao Shinjuku:成山一郎監督

──2-0で勝ち切った感想は。

「思い通りにいかない試合展開の中でも結果を残せた。1試合通していうと、良くない状態から自分たちでいい状態にするという修正もできたので、価値のある勝利になったと思う」

──今日は引き分け以上で関東大会出場が決まるという状況だったが。

「試合前には引き分け以上で関東大会出場が決まるが、引き分け狙いでゲームを進めるつもりはないということ、勝つことだけを考えて、しっかりやっていこうとみんなで意識を合わせた。特に関東大会がどうこうという意識はしていなかった」

──前半少し押し込まれるような展開だったが、感想は。

「前半は風下だったし、また相手も今日の結果次第では関東大会が絡んでくるという試合だったので我慢の時間が続くと思っていた。戦術面でいうと相手のシステムやメンバーなど、ある程度の事前情報はもらっていたが、それに対して自分たちのやり方を大きく変えたりはしていない。しっかり準備してきた中で、あのような苦しい展開になったということは素直に相手が自分たちを上回っていたからだと思う」

──後半に関しては。

「前半終了間際に得点が入って1-0で折り返せたことと風上になってサッカーがやりやすくなった。あとは一人ひとりが自分の役割を果たし、尚且つチームのためにやるという責任を持ったプレーが増えたところが良かった。交代選手も効いていたと思う」

──これでひとまず関東大会出場が決まった。ここからの準備、積み上げていくものは。

「最初に立てた目標がリーグ優勝だったので、今はまだ関東大会に向けてということではなくて、優勝の可能性がある限りそちらを追求し続けなくてはいけない。残りのリーグ戦2試合は相手にとっても重要な試合ですごく気合を入れて向かってくる。それを上回る準備をしていきたいし、逆にうまくいかない時にどうやってそこから自分たちの良さを出していくか。そういったことが今後のトーナメント戦にもつながっていくと思うので、大切に戦っていきたい」


玉田知也監督

アストラ倶楽部

アストラ倶楽部:玉田知也監督

──0-2という敗戦となったが。

「力負け、実力通りだったと思う。試合前にも普通にやったら0-2で負けるよという話はしていた。CERVEZAや東京UPlusも0-2で負けているし、おそらくうちもそれに近い感じだったと思う。いかに失点を削って、逆にうちが得点を取るかだったが、実際には難しかったし、やはり相手はよく鍛えられていいチームだった」

──前半は押し込む時間もあり、チャンスも多かった。

「風上の影響が大きかったと思う。南葛戦も前半は風上で1-0で勝っていたが、風下になった後半に6点叩き込まれた。そういったこともあったので、前半のうちにしっかりチャンスで点を取りたかった。そこで点を取れず、逆に不運な形で失点してしまったことが痛かった」

──後半は立ち上がりに笈川選手のシュートがバーを叩くなど惜しい場面もあったが、その後半については。

「相手は後半風上に立つし、交代選手含めて余力を残していたので、苦しい展開になるのはわかっていた。うちは最初の方しかチャンスがなかったし、その少ないチャンスを決めるのは難しいが、それをやっていかないとなかなかこういったチームには勝てないと思う」

──毎年、関東大会出場のかかった正念場で力を発揮できていない現状はどうみているか。

「力を発揮できていないというより、トップ3に入るチームとうちとでは純粋に差がある。それを勝ち抜くには活動内容や選手の意識を変えない限り難しい。またそういったことを続ける継続性も必要になる。正直、今日の試合の前にその準備ができていたかというと出来ていない。それで勝つのは無理がある。Criacaoなど上位チームは平日もやっているし、その意識の差がある」

──関東大会出場の可能性はまだ残っている。残り2試合に向けては。

「今日負けてもまだ可能性はあるし、やれることをやるだけ。気持ちを切り替えて、ここからのOSSA戦、三菱UFJ戦にどう向かっていけるかだと思う」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP