東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

三菱養和、TF下し2連勝 MF内田が決勝点

三菱養和はTFを下し、残留争いから一歩抜け出した。

三菱養和はTFを下し、残留争いから一歩抜け出した。

◇東京1部:TFSC 1-2 三菱養和

 残留争いから一刻も早く抜け出すにためにも、どうしても勝ち点3がほしい10位三菱養和と12位TFの一戦。三菱養和の主将・引間は「ほかの試合とは違った重みがあったし、いつもより重要な試合だということをみんなが意識していた」と、この一戦の重要性を口にした。

 前半から両チームともにゴールへと向かう積極性を打ち出し、勝ち点3獲得に向けてぶつかりあう。TFは守備における主力3人がこの日は不在だったが、その分、セーフティー且つシンプルで縦に早い攻撃で攻め込む。対する養和も国体メンバーのMF岡元が不在だったが、MF下村、引間にボールを集めてショートパスをつなぎながらゲームを作る。互いに持ち味を出しながらも、前半は得点が生まれずスコアレスでハーフタイムへ。

 迎えた後半はゲーム展開が一気にスピードアップ。先に決定機を作ったのはTF。前線からのプレスで相手をはめ込み、早々にFW嶋田、MF川島が立て続けに強烈なシュートを放って相手ゴールを脅かすも、GK真野のファインセーブに阻まれて先制点とはならず。  

 だが、追い込まれたTFも簡単にはめげず、2失点目の直後に川島の左からの折り返しをMF佐藤が右足で押し込んで1点差に詰め寄る。さらに勢いそのままに前へと出て行き、すぐにFW嶋田がネットを揺らすがオフサイドの判定でノーゴール。「スキがあれば積極的に前に出ていこうと思ったが、チャンスで決められなかった。その差だと思う」と佐藤は悔しがった。結局、その後はスコアは動かず、1点のリードを守り切った養和が2-1で制し、残留争いから一つ抜けす貴重な勝ち点3を手にした。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • T.F.S.C. 1-2 三菱養SC
    【得点者】
    65分 波多野 龍史(三菱養和)
    73分 内田 主理(三菱養和)
    74分 佐藤 功基(TFSC)

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP