東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Criacao成山監督 東京海上村上監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のCriacao-東京海上の試合が26日、八王子市・東京海上日動多摩グラウンドで行われ、1-1の引き分けに終わった。試合後のCriacao・成山監督、東京海上・村上監督との主な一問一答は次のとおり。

成山一郎監督

Criacao Shinjuku

Criacao Shinjuku:成山一郎監督

──1-1の引き分けに終わったがこの結果についての感想は。

「まずは選手やスタッフ、審判などこの暑い中で試合を行ってくれたことに感謝したい。結果に関していうと、チームの近い目標は関東大会出場を決めることだが、その先にある関東昇格ということを見据えると、今日のゲームは勝ちたかったなというのが率直な気持ち」

──前半は先制点を許して追いかける展開となったが。

「おそらく先に失点したのは開幕戦以来だと思う。久し振りだったので、ピッチの中の選手たちもいつもより焦っていた。でもそのあとすぐのクーリングブレイクでもう一度やるべきことを確認できたので、そこからは自分たちらしさを取り戻せていいゲームができていたと思う」

──後半は増田選手や金島選手など攻撃的な選手を投入して勝負に出たが。

「スタメンで出場した選手も本当によくやってくれたし、交代で出場した選手もこちらが伝えた役割をしっかり忠実にやってくれた。スタメンとベンチメンバー含めて本当にいい形を作り続けてくれたと思う」

──相手チームの印象はどうだったか。

「個々がしっかりしているし、チームとしても今日は絶対に勝つという強い気持ちとまとまりを感じた。改めていいチームだなという印象だった」

──ここから残り3試合になるが、意気込みは。

「3試合というよりも目の前の一戦一戦に集中して、次の試合までの準備期間を大事に使う。そのサイクルを3回繰り返して終わるということになると思う」


村上康一監督

東京海上FC

東京海上FC:村上康一監督

──1-1の引き分けに終わったが感想は。

「率直に悔しい。自分たちにとっては勝たなければいけない試合だったし、勝ち切れる試合だったので勝ち点3を落としてしまったというのが正直な感想」

──前半は早い時間に先制点を奪うことができたが狙いとしては。

「前半は小松がいなかったりといつもと違ったメンバーで臨んだので、まずは失点ゼロで折り返して来るように伝えた。後半勝負という中で前半を無失点、そして先制点を奪って折り返せたので、ゲームの流れとしては非常に良かった」

──後半開始から小松選手を投入した。積極的に追加点を狙うつもりだったのか。

「海野が疲労していた部分もあったし、小松は攻守に渡ってチームに勢いをもたらしてくれる選手。特に攻撃というよりかはまずは守備から、それに球際の強さ、チームとして戦う姿勢をより強調してもらうために投入した」

──実際、そこはどうだったか。

「良いプレーも何度か出ていたが、途中からゲームに入った難しさもあって周囲との関係性が取れずに中央を通されてしまうシーンもあった。そこに関してはもっと外から指示の声をかけてあげれば良かったので、私自身が反省する部分でもある」

──ここから残り3試合はKOREA、CERVEZA、東京UPlusと厳しい戦いが続く。意気込みは。

「今日含めてこの残り4試合が全部正念場だという位置付けでやってきた。ただ、残り3試合というよりかはまずは次のKOREAさんに一戦必勝という気持ちで全力で戦いたい。今日は悪い部分もあったが良かった部分もある。しっかり振り返ってこの1週間準備していきたい」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP