東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Criacaoと東京海上の上位対決は1-1ドロー

1-1の引き分けに終わり、ピッチを去る両チームのイレブン。

1-1の引き分けに終わり、ピッチを去る両チームのイレブン。

◇東京1部:Criacao 1-1 東京海上

 関東大会出場に向けて負けられない2位Criacaoと3位東京海上の一戦は1-1のドローに終わった。先制したのは東京海上。Criacaoが前への圧力を強めるなか、12分に東京海上がCKを一本獲得すると、MF堀田の蹴ったボールをDF望月が頭で叩き込んだ。一方、開幕戦以来の先手を奪われたCriacaoは東京海上の激しい守備の前になかなか攻撃の形を作れずにいたが、途中からFW岡本が中盤に顔を出して、ボールを一旦落ち着かせてゲームを作り出す。

 前半こそ得点を奪えなかったものの、後半開始6分にCriacaoは左から岡本が上げたクロスをMF大和田が頭で押し込んで同点。そこからは互いに勝ち点3を奪いに前へ出て、上位対決に相応しい一進一退を演じる。攻守に運動量で上回るのはCriacao。対する東京海上もぎりぎりのところで踏ん張り反撃。しかし、Craicaoは石川、増田が、東京海上は田中が決定機を決められず、互いに勝ち点3のチャンスを逃して1-1でタイムアップを迎えた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP