東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Criacao、元日本代表の森岡隆三氏がアドバイザーに就任

Criacaoの丸山代表と森岡氏。

Criacaoの丸山代表と森岡氏。

 東京都社会人サッカーリーグ1部のCriacao Shinjukuは24日、元日本代表の森岡隆三氏(42)がアドバイザーに就任することを発表した。26日のリーグ戦から公式戦にも帯同する予定。森岡氏は現役時代にJ1・清水やJ2・京都などでDFとして活躍。日本代表にも選ばれ2002年の日韓ワールドカップでは初戦のベルギー戦にキャプテンとして先発で出場した。現役引退後は京都などでコーチを務め、2015年にJFA公認S級ライセンスを取得すると、2017年シーズンから2018年の6月まではJ3・鳥取で監督を務めた。

 就任にあたって森岡氏は「この度、Criacaoファミリーの一員として、活動させていただくことになりました!『サッカー、スポーツを通じて世の中に感動を創造し続ける存在でありたい』というCriacaoの理念は、サッカーを通して様々な事を学んできた私にとっても、理想の存在であります。理念の実現に向け、100%、瞬間を、最後まで、プレー(命を燃やす!)したいと思います!」と意気込みを語っている。

 Criacaoは今季から関西学院大学サッカー部で監督、J2・愛媛でコーチを務めていた成山一郎氏が監督に就任し、現在1部リーグで9勝1分け1敗の好成績で2位につけている。リーグで4位以内に入れば関東リーグ昇格をかけた関東社会人サッカー大会出場権を獲得する。

クラブからの発表

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP