東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 国民体育大会ニュース一覧 > 記事

国民体育大会ニュース

【東京/選手一問一答】MF宮澤 FW飯島

 国民体育大会・関東予選(サッカー成年男子)に臨んだ東京は19日の代表決定戦で千葉に6-1で大勝を飾り、3年ぶりに本大会出場を決めた。試合後に行ったMF宮澤弘、FW飯島秀教との主な一問一答は以下の通り。

MF宮澤 弘

東京ユナイテッド

東京ユナイテッド:MF宮澤 弘

──代表決定戦を快勝で終えたが、本大会出場を決めた感想は。

「自分がゴールを決めれば絶対に勝てると思っていたし、1回戦に続いて2試合連続ゴールを決めることが出来てよかった。守備に関しても安心して後ろの選手たちに任せることができた。選抜チームというのは短期間で連係を深めないといけないが、自分は2トップを組むヒデくん(飯島選手)が気を使ってくれて、すごくやりやすかったし、他の選手ともピッチだけでなくピッチ外でもうまくコミュニケーションを取れたことが勝因だと思う」

──宮澤選手自身は1.5列目から裏に飛び出して、よく走っていた。

「ヒデくん(飯島選手)が競り合いに勝ってくれたり、キープしてくれるので自分も信じて走れた。自分が前に向かって走れるのは本当にヒデくんのおかげだと思っている」

──前線からの守備に関しては意識していた部分だったのか。

「先週の福島遠征で群馬に練習試合で完敗して、そのあとにみんなで話し合って、立ち上がりから前から行こうということになった。この予選ではそれがうまくはまったし、結果的には先週の完敗が良い方向に転んだのかなと思う」

──CKからボレーで決めた先制点を振り返ると。

「なんで自分の前にボールが転がってきたのかわからない。ただ、シュートに関しては自分の持ち味でもあるので、コースはほとんどなかったが、とりあえずミートすれば何かが起こると思って枠内を狙った。それがうまく決まってくれて良かった」

──今日は前半の途中に負傷交代してしまったが、改めて東京選抜というチームでやってみての感想は。

「自分が退いてからチームは5点取っているし、本当に選手層が厚い。それにみんな本当によく走って頑張るし、ピッチ外も楽しくてすごくいいチーム。これからまだまだ強くなっていくんじゃないかと思っている」

──本大会では格上のチームもいるし、再び連戦になる。意気込みは。

「自分が目指していたのはプロだったし、特に格上だからどうこうということはない。それにこの予選同様に挑戦者という立場に変わりはないし、失うものもないと思う。そういった中で自分はシュートに自信があるので、どれだけ決めることができるかが楽しみ。東京は良い選手が揃っているので、周りを信じて走ればパスが出てくる。あとは自分がしっかりと決めるだけだと思う」


FW飯島 秀教

東京23FC

東京23FC:FW飯島 秀教

──代表決定戦、6-1という結果に終わったが感想は。

「プレーしていて楽しかった。所属チームではリーグ優勝や全国社会人大会出場も叶わず、難しいモチベーションになってしまったが、東京選抜に選んでいただいて、今日のような真剣勝負ができるというのは改めて楽しいと感じた」

──今日は相手の千葉に元チームメイトのDF伊藤竜司選手もいたが。

「竜司のいる方にはあまり行かないで、どちらかというと相手の左サイドから崩せればと思っていた(笑)。特にチームで話していた訳ではなかったが、僕個人としても競り合いでは竜司の方を避けていた。やっぱり強いし、雰囲気もそうだが威圧感がある。実際にジャンプ力も高かったので相手のウイークポイントのところからうまく攻めることができればと考えていた」

──前日に続き、得点も決めて活躍した。

「他の選手がうまいので、ゴール前で待っていれば良いパスを出してくれる。この大会の前の合宿でここに動けば出してくれる、見てくれているなどその辺がマッチングできたのかなと思う。それがうまく結果につながったし、あとはアシストもいくつか付いたが、それは正直出来すぎ。この調子を保ちながら所属チームでもまだリーグ戦は残っているし、本大会に向けてしっかり準備していきたい」

──飯島選手自身のコンディションの状態は。

「悪くもなく、良くもなく普通にできている。ただ、この普通を保つのが一番難しい。他のメンバーもそうだと思うが、仕事をしながら所属チームのプレーもあるし、うまくやっていければと思う。自分を含めて各々が良いコンディションを保っていければ、個人的には本大会でも上を目指せると思う」

──本大会では対戦相手のレベルもまた上がることになると思うが、意気込みは。

「JFLの選手たちとやれることは嬉しいことだし、自分の実力、関東リーグのレベルでもこれだけやれるんだぞということを見せられる良い機会でもあると思っている。本大会ではこの予選で敗れたチームの想いを背負い、また東京自体も和歌山国体以来の出場になるので、しっかりと結果を残せるように頑張りたい」

◇大会日程・トーナメント表など

第73回国民体育大会関東ブロック大会

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP