東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 国民体育大会ニュース一覧 > 記事

国民体育大会ニュース

GK村下「うまく対応できた」無失点勝利に貢献

試合後に笑顔を見せるGK村下(右側)とGK野津(左側)。

試合後に笑顔を見せるGK村下(右)とGK野津(左)。

<東京 3-0 神奈川>

 早い時間にリードを得た時、追加点を挙げた時、一瞬気が抜けそうな時に必ず東京の最後尾から声を出して手綱を締めたのが、初めて東京・国体メンバーに選ばれたGK村下(Criacao)だった。「うまくゲームに入れている時こそ気をつけろとコーチから言われていたし、そこでのコーチングを心がけていた」と村下。

 2点リードで迎えた後半は神奈川の反撃にひやりとする場面が続いたが、「1、2本は相手にビッグチャンスがくると思っていたので、その時にしっかりと対応できるように準備していた」と集中してボールをさばき、瀬戸際でゴールを割らせなかった。3-0で迎えた後半アディショナルタイムにはもう一人のGK野津(日立ビルシステム)にバトンを引き継ぎ、お役御免。

 東京の正GK争いは熾烈で「監督からはどっちが出てもおかしくないと言われていた」という。だからこそ「今日、先発に抜擢された時はあいつの分まで頑張らなくてはいけないと思ったし、いい形で交代できて良かった」とホッとした表情を見せた。明日の千葉との代表決定戦もどちらが出ることになるかはわからないが、いずれにしても村下は「明日の結果がすべて。選手全員が東京のプライドを持って戦い、本大会出場を決めたい」と力をこめた。

◇大会日程・トーナメント表など

第73回国民体育大会関東ブロック大会

PR

PR

PAGE TOP

PR

PAGE TOP