東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

東京2部1試合開催 東京ベイとREALが2-2ドロー

前半に同点ゴールを決めたREALの鈴木。東京ベイは終盤に宮本が決めて追いついた。

前半に同点ゴールを決めたREALの鈴木。東京ベイは終盤に宮本が決めて追いついた。

 東京都社会人サッカーリーグ2部は12日、都内で1ブロックの1試合が行われ、東京ベイとREAL TOKYOが2-2で引き分けた。通算成績はREAL TOKYOが3勝2分け1敗の勝ち点11で5位。東京ベイは2勝2分け3敗の同8で9位に付けている。

終盤、東京ベイがREALの逃げ切り阻む

 前節初黒星を喫したREAL TOKYOに対して、3試合ぶりの勝利を目指す東京ベイ。立ち上がりは東京ベイのMF渡辺がゲームの中心となり、中盤の底から次々にロングボールをDFの背後に落として押し込んでいく。16分にはゴール正面で得たFKを渡辺が自ら蹴り入れて幸先よく先制。一方、REALはボールの預けどころが少なく、全体のラインアップに苦戦していたものの、東京ベイの運動量低下に伴い徐々に挽回。MF入江の個人技による突破を足がかりにMF堀本らが連動して関わるようになり、23分には左からきれいに崩して、最後は山脇の落としを鈴木が決めて同点。

 後半も前半に流れをつかんだREALが攻勢。前半の終わりから再三追加点のチャンスを逃していたが、67分にようやく入江が左から中央にドリブルで切り込んで、そのまま逆サイドにミドルを決めて2-1と逆転に成功。だが、相手にさほどチャンスを作らせずにそのまま逃げ切りかと思われた76分、東京ベイは渡辺のゴール前に入れたFKを衛藤が競り勝ち、最後は宮本が頭で押し込んで同点。アディショナルタイムは双方に決勝点のチャンスが訪れたが、それを決められずにタイムアップ。2-2のドローに終わった。

東京都2部1ブロック

  • 東京ベイFC 2-2 REAL TOKYO FC
    【得点者】
    16分 渡辺 裕紀(東京ベイ)
    23分 鈴木 雄大(REAL)
    67分 入江 知行(REAL)
    76分 宮本 蓮(東京ベイ)

東京都社会人サッカーリーグ2部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP