東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

アローレ、養和破り3連勝 守備で一体感

アローレは前半18分に林が先制点を蹴り込んだ。

アローレは前半18分に林が先制点を蹴り込んだ。

◇東京1部:三菱養和 0-2 アローレ八王子

 先制のゴールは18分。MF林がエリア内にドリブルを仕掛けて2、3人のマークを強引に突き破ったところで、右足でゴール左上に突き刺した。野口監督は「彼の個人技だったけど大きな1点」と個の力をほめたが、そこに至る過程は監督が2部時代から口酸っぱく言っているという”組織的な守備”の賜物だった。

 この日のアローレは「相手はスロ-スターターの印象だったので」(監督)と開始から飛ばした。前からのプレスを惜しみなく掛け、ボールを奪うと間髪入れずに2トップの須田、古山がDFラインを引っ張るようにアクセル全開で裏へと駆け出し、それに連動して2列目、3列目もどんどん敵陣に湧き上がった。ボールを失ってもベンチから厳しく監視する野口監督の掛け声と共に、素早く定位置に戻って再びプレスに精を出す。先制のシーンも相手DFのヘディングのクリアを敵陣中央でしっかりと寄せて拾った守備のところが始点だった。

 耐えしのいで迎えたアディショナルタイムにはMF中村の素晴らしいミドルによる追加点のおまけまで付いてきた。1-0、1-1でもなく2-0の快勝で3連勝。順位も前節の10位から7位に浮上した。残り4試合に向けて指揮官は「残留という目標は変わらない。あくまでも謙虚にやって、余裕があれば4位以内を狙いたい」と3連勝にも浮かれた様子はなかった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 三菱養和 0-2 アローレ八王子
    【得点者】
    18分 林 慶之(アローレ)
    90+2分 中村 哲平(アローレ)

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP