東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

エリースは守備崩壊 7失点大敗

エリースは今季最多の7失点を喫して敗れた。

エリースは今季最多の7失点を喫して敗れた。

◇関東2部:エリース東京 0-7 アイデンティみらい

 前節は試合終了間際に同点ゴールを奪われて惜しくも初勝利を逃したエリース。だが、今節は初勝利どころか今季最多となる7点を奪われて大敗した。熊谷監督は「2点、3点取られて、前に出ようとするところを逆にやられる典型的なゲーム展開になってしまった」と落胆した。

 前半から厳しい暑さの影響でエリースの動きは重たく、ポゼッションする相手にプレッシャーが追い付かなった。寄せの甘さから前半に2点を失うと、後半からはMF園田を入れて開始10分ほどは運動量を増やして攻めたが、後半13分にクロスからヘディングで3点目を失うと一気に勢いは失速した。戦術は脇に置き、逆転しようとする気持ちだけで前に向かった裏を簡単に突かれて連続失点。最後は7点まで失点がふくらんだ。

 残り7試合。降格も現実味を帯びてくる中、熊谷監督は「こんなに勝てない経験は自分も選手もない。選手は一生懸命取り組んでいるし、何とか早く1勝を挙げて自信を取り戻したい」と必死に声を絞り出した。

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP