東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 関東リーグニュース一覧 > 記事

関東リーグニュース

日立は連勝ストップも無失点ドロー 7戦負けなし

日立は連勝ストップも勝ち点1はしっかりと積み上げた。

日立は連勝ストップも勝ち点1はしっかりと積み上げた。

◇関東2部:日立ビルシステム 0-0 横浜GSFC

 4連勝中の日立は勝利こそ逃したものの、守備陣は無失点を貫徹。横浜GSFC(神奈川)と0-0で引き分け、7戦負けなし(5勝2分け)とした。寺地監督は「暑さの影響で選手はいつもより動けていなかったが、勝ち点1が取れてよかった」と負けなかったことを評価した。

 前半はFW小島のボールを収める力と時間を生かしながら、追い越す動きを交えて2列目の堀や大森らがシュートに持ち込んだがゴールを割れなかった。後半もスコアレスの時間が続くと、残り20分ほどで小島に代えてスピードのある切り札のFW藤波を投入して、ここ最近の勝ちパターンに持ち込んだ。だが、さすがにこの日は酷暑の影響もあって、敵陣深くまで侵入を果たすものの、最後のところで精度が付いてこなかった。中途半端に攻めて、中途半端にボールを失い、間延びした空間の中で自陣と敵陣を行ったり来たり。単純に蹴って走って体力を削る「以前の日立のサッカーになってしまった」と寺地監督。

 終盤は「暑さもあったし割り切った」(寺地監督)と、むしろ走力勝負のカウンター合戦に挑んだが、決定機を堀、藤波が決められなかった。それでもDF陣はGK野津と共に相手の速攻を落ち着いて対処し、4試合連続無失点。勝ち点1だけはしっかりと積み上げた。

順位表

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP