東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

南葛は商事に大勝 KOREAは初勝利 東京1部

南葛は疋田のハットトリックの活躍で7点大勝。首位をキープ。

南葛は疋田のハットトリックの活躍で7点大勝。首位をキープ。

 東京都社会人サッカーリーグ1部は16日、各地で3試合を開催。南葛はMF疋田のハットトリック、レオジーニョの1得点3アシストの活躍などで今季最多となる7点を奪い、三菱商事に7-0で大勝した。南葛は勝ち点を27に伸ばして首位をキープ。東京蹴球団は前半にMF宮原がFKを直接決めて、その1点を最後まで守り切り、警視庁を1-0で下した。東京蹴球団は同12で9位。

 KOREAは1-2で迎えた後半26分に慎鏞柱が同点ゴールを決めると、同29分にはソンビョンヒョクが決勝ゴールを決めて、OSSAに3-2で競り勝った。KOREAは今季9戦目にして初勝利を挙げ、最下位を脱して同5で15位に浮上した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 南葛SC 7-0 三菱商事
  • OSSA 2-3 KOREA
  • 警視庁 0-1 東京蹴球団

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP