東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

岡本が貫禄の2ゴール Criacaoがセルべに完勝

CriacaoはFW岡本の2ゴールでセルべに2-0で勝利。

CriacaoはFW岡本の2ゴールでセルべに2-0で勝利。

◇東京1部:Criacao 2-0 CERVEZA

 昨季は0-3で完敗を喫した相手に今季は2-0の完勝。2得点のFW岡本は「うちは去年に比べて今年は相当練習している。この暑さの中でその差を出せたかな」と勝因を語った。リーグでも屈指のDF陣を揃えるCERVEZAを相手に序盤から攻守の切り替えのスピード、走力で大きく上回った。先制点は前半25分。相手の陣形が間延びして生まれた中盤のスペースに岡本が顔を出し、くさびのパスを受けると素早くターンをしてカウンターをスタート。周囲と呼応しながら相手守備ブロックの間隙を縦パスで突破していき、エリア手前で再び岡本にボールが戻ると、右足を振り抜いて先制点。

 後半にはセットプレーが売りの相手にCKから岡本が巧みにダイレクトで蹴り込んで貴重な追加点を挙げた。以降も豊富な運動量を武器に再三決定機をつくり、追加点こそ奪えないもののしっかりと勝ち点3を奪取。今季は成山新監督を迎えてここまで8勝1分け1敗と絶好調。「監督のおかげでチームとしてのやるべきことが明確になったし、練習の強度も上がった。負けない自信の中で戦えている」(岡本)。次節の東京UPlus戦はチームの中心である石川が出場停止。「ある意味チームが試されるが、もう一つ上のレベルに行くためにチャレンジしたい」と岡本は力強く語った。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP