東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

南葛、Criacaoらが勝ち点3 東京海上は敗れる

Criacaoは7勝目を挙げて2位をキープした。

Criacaoは7勝目を挙げて2位をキープした。

 東京都社会人サッカーリーグ1部は8日、各地で8試合を開催。南葛はMF東の4アシストの活躍や安田の2ゴールなどで後半一気に6点を奪い、三菱養和を6-1で退けて勝ち点を24に伸ばして首位をキープした。Criacaoは前半に増田、岡本が得点を奪って2-0でKOREAを下し、同22で2位を堅持。東京海上はアストラに2-3で敗れて連勝が6でストップしたが、順位は変わらず同19で3位。

 OSSAは2点を先行されながらも深町や新加入・細合の2得点などで4点を奪い、CERVEZAに4-2で逆転勝ちし、勝ち点を13とした。そのほか三菱UFJは上田、水町の得点で東京UPlusに2-1で競り勝ち、TFSCは田中の2得点などで警視庁との乱打戦を5-3で制し、アローレは近藤の決勝ゴールで東京蹴球団を1-0で破り、それぞれ勝ち点を9に伸ばした。三菱商事と八王子は両者最後まで得点を奪えず、スコアレスドローに終わった。1部リーグは次節、7月15日に各地で5試合を行う。

 なお、6月24日に行われた1部リーグ第8節、TFSC-CERVEZAの試合は不成立となり、TFSCの3-0の勝利(不戦勝)が確定した。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 東京海上 2-3 アストラ
  • TFSC 5-3 警視庁
  • 三菱商事 0-0 八王子FC
  • CERVEZA 2-4 OSSA
  • 三菱養和 1-6 南葛SC
  • 東京UPlus 1-2 三菱UFJ
  • 東京蹴球団 0-1 アローレ
  • KOREA 0-2 Criacao

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP