東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

Criacao、海上、南葛の上位陣が勝ち点3 八王子は5勝目で4位浮上

 東京都社会人サッカーリーグ1部は24日、各地で8試合を開催した。

 Criacaoは前半にFW岡本、後半にはDF土田が得点を挙げて、アローレに2-0で勝利。勝ち点を19に伸ばして暫定首位をキープした。東京海上は1-1で迎えた後半11分にMF首藤のゴールで勝ち越すと、続いて小松、竹尾が加点して三菱商事に4-1で快勝した。東京海上は6連勝で同19とし、暫定2位。

 南葛はFWカベッサがハットトリックの活躍を見せて三菱UFJを4-0で退け、Criacao、東京海上よりも1試合少ない状況ながら同18で3位につけている。八王子はMF諸井の決勝ゴールで1-0でアストラを破り、5勝目を挙げて同16で4位。OSSAは終盤にMF繁田が逆転ゴールを決めて、警視庁を2-1で下し3勝目。東京蹴球団はMF小美濃がハットトリックを達成し、4-3でKOREAに競り勝ち2勝目を挙げた。

 そのほか三菱養和と東京UPlusは1-1で引き分け、TFSCとCERVEZAは2-2で引き分けた。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • 南葛SC 4-0 三菱UFJ銀行
  • T.F.S.C. 2-2 CERVEZA
  • 三菱商事 1-4 東京海上
  • 警視庁 1-2 OSSA
  • 八王子FC 1-0 アストラ
  • 東京蹴球団 4-3 KOREA
  • 三菱養和 1-1 東京UPlus
  • アローレ八王子 0-2 Criacao

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP