東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

三菱養和はシュート少なく無得点で敗戦

無得点で敗れた三菱養和の通算成績は2勝3敗。

無得点で敗れた三菱養和の通算成績は2勝3敗。

◇東京1部:CERVEZA 2-0 三菱養和

 前節6点大勝を飾った三菱養和だが、今節は昨季王者に無得点で敗れて再び黒星が先行。この日は中盤の落ち着きどころが少なく、やはりMF下村を欠いていた影響は否めなかった。攻撃的なMF杉村にいい形でボールが入らず、その杉村が低い位置まで下がって何でもやろうとすると、肝心の攻めの時に厚みや迫力を欠いた。前半のシュート数は2本。

 後半は始まって10分で相手に素早いリスタートを許し、遠い距離からのFKを直接蹴り込まれて失点。「選手はオフサイドなのかファウルなのか主審に確認しようとして動きが止まってしまった。初歩的なミス」と漆間監督。1点を追い掛ける展開になってからは養和らしいパスの流れも披露して相手を後退させたが、下村に代わって初先発となった細田も遠慮がチラつき、バイタルエリアで打てそうな場面でもパスを選択するなど、後半もシュート本数は伸びず。最後は敵陣で杉村がボールを失ったところからカウンターを浴びて2点目を失い敗戦。

 通算成績を2勝3敗とした漆間監督は「敗れはしたが、チームとしては段々良くなっているので自信を持たせたい。次は下村や岡元も揃うだろうし、そろそろ引間もケガから復帰すると思うのでしっかりとやっていきたい」。まだまだこれからといった様子だった。

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP