東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

アストラ、TFに6発大勝 2勝目

チームの2点目を決めるアストラのFW不老。

チームの2点目を決めるアストラのFW不老。

 東京都社会人サッカーリーグ1部は22日に各地で6試合を行い、アストラはTFSCを6-0で破り、2勝目を挙げた。アストラの通算成績は2勝1敗。TFSCは開幕3連敗。

前半3点、余裕の展開 不老技あり 笈川2発

 開幕2連敗のTFの心を折るのは先に1点を奪うだけで十分だった印象だ。21分、それまで集中していたTF守備陣にアストラはサイド攻撃でちょっとした一工夫。MF二上が右端から中央に向かってドリブルを仕掛けて相手SBを釣り出すと、その空いたスペースに背後からSB小松が回り込んでクロス。それを「小松とは高校時代から一緒にやっている。目が合った」という笈川がニアサイドに飛び込み、体勢を崩しながらもボレーで合わせて先制。ちょっとした工夫を織り交ぜただけのサイド攻撃でゴールを割れるほど、今のTFはもろかった。

 さらにTFの息の根を止める前半終了間際の3点目は、右サイド深くのスローインから。ボールを受けた二上がエリア内中央で待つ笈川へパス。DF2人を正面に置きながらも、寄せの甘さを突き、軽くドリブルでシュートコースを作ってから左足でズドンと蹴り込んで3点目。「チームとしても非常に大きな3点目だった」と笈川。

 後半は3点リードとあって、玉田監督が「できるだけ今の時期からリーグを体感してもらいたい」と次々に選手交代。代わって入った選手も伸び伸びとプレーし、後半から入ったCB安井は61分に小松がゴール前に入れたFKをファーサイドで滑り込むように押し込んでチームの4点目をマーク。79分には浅間のパスを二上が豪快に決めて5点目を奪うと、終了間際には途中出場の臼倉のクロスを同じく途中出場の坪内が頭でつなぎ、最後は主将の浅間がボレーで蹴り込んで6点目。「交代で出た選手も結果を残してくれて良かった」と、玉田監督は満足げな表情を浮かべ、2勝目を喜んだ。

東京都社会人サッカーリーグ1部

  • アストラ倶楽部 6-0 TFSC
    【得点者】
    21分 笈川大樹(アストラ)
    36分 不老祐介(アストラ)
    45+1分 笈川大樹(アストラ)
    61分 安井迅郎(アストラ)
    79分 二上浩一(アストラ)
    88分 浅間翔大(アストラ)

東京都社会人サッカーリーグ1部

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP