東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

南葛SC向笠監督、KOREA李監督 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のKOREA対南葛SCの試合が15日、北区・東京朝鮮高校で行われ、南葛が1-0で競り勝った。試合後の南葛・向笠監督、KOREA・李監督との主な一問一答は次のとおり。

向笠実監督

南葛SC

南葛SC:向笠実監督

──両チーム引き締まった良いゲームだったが、1-0で勝利した感想は。

「相手の戦い方はある程度わかっていたが、ケガの影響もあってDFラインにデイビッソンがいなかったし、彼の代わりになる選手がいなくて心配だった。試合展開も予想していた通りだったが、決定的な場面を決めていれば試合の内容はガラッと変わっていたと思う。決定力が低くて相手に粘られてしまった」

──前半は中盤のつなぎ、前線でのタメも少なくリズムをつかめていない印象だったが。

「その通りで中盤でのつなぎ、前線のタメが全然なかったので不満だった。苦労してボールを奪っても慌ててパスを出してしまっていた。もっとマイボールを大切にしてゲームを作っていれば問題はなかったはず。勝負にこだわりすぎてプレーに落ち着きがなかった。でもそれが今の自分たちの実力なのかもしれない。選手によってできる場合もあるし、組み合わせ、相手の戦い方などにもよるが『ゲームの組み立て』ができなければ今後の戦いも厳しくなる」

──開幕戦は2失点したが、前節と今節は無失点で終えている。守備に関しての感想は。

「守備は少しずつ良くなってきた。安定感も出てきたし、相手に決定的な場面を作らせないような守備が出来てきた。ブラジル人とのコミュニケーションも通訳を通じて試合毎に良くなっている」

──攻撃に関しては今節カベッサが3試合連続ゴールで結果を出した。後半から入った冨岡選手、安田選手などとの連係の部分はどうか。

「正直言うと今は守備をテーマにやっていることもあり、攻撃のことは少し疎かになってしまっている。やっぱり最終的には相手を崩しきるだけの力がないと勝てない。ここから少しずつ攻撃に比重を置いてトレーニングをしていきたいと思っている。大事なことは守備での基本的な戦術を全員が理解できるかということ。そこが問題だからそれさえできれば攻撃に比重を置ける。後半は晃大(安田選手)、大吾(冨岡)をピッチに入れた。もっと早く代えてもよかったが、相手に決定機も作られていなかったのであまり代えたくなかった。カベッサも足を痛めていて、大吾も負傷明けで無理はさせたくなかった。少し交代を引っ張ってしまったが1点を取りたかったので代えてみた」

──これで3試合を終えたがここまでの感想は。

「まだゲームに勝つことが精一杯。幸いリーグ開幕前の東京カップで勝ち進んで、東京1部のチームと戦うことができていた。その経験がなかったら、恐らくこんなにうまくリーグ戦には入れなかった。ただ、どの相手も簡単に勝てないというのはよくわかっているので、自分たちがいかに無駄な失点を抑えて、チャンスの時に決め切るかだと思う」


李清敬監督

FC KOREA

FC KOREA:李清敬監督

──0−1の惜敗となったが感想は。

「南葛さんの堅実なサッカーが目についた。しっかり守りながらカウンターを仕掛けていくという部分はすごくいいサッカーをするなと思ったし、学ぶことが多かった。うちのチームはどちらかというと外に出て、ゴールから遠くなるプレーが多かったが、南葛さんは縦にゴールに向かっていく姿勢が出ていた。そこの違いが出てしまった」

──相手の攻撃陣について、ブラジル人選手などの対策は何かしていたのか。

「もちろん彼らブラジル人選手たちが攻撃の起点になるので自由にプレーさせない、前を向かせないというのは1つの課題としてあった。でも試合後に選手に話したが、あのシュート1本でやられてしまった。でもそれがサッカーだし、90分間集中力を切らさずにやらなければいけない。前を向いて縦に仕掛けて少し強引にでもシュートにいく姿勢は見習わなければいけない」

──90分通してのゲーム内容の感想は。

「試合の入りも悪くはなかったし、逆に相手がなかなかリズムを作れていなかったのでチャンスかなと思った。でも相手は集中していたし、1-0でも勝つということをきっちりやってきた。結局は最後にやられてしまったが、流れがこちらにきた時にもっとシュートまで持っていければいいが、そこを上手く崩せなかったし、引き締めることができなかった。その点はこのチームの課題」

──後半は決定機もあったが決め切れなかった。そんな中で最後のわずかな時間だが、今季初めてセフン選手をピッチに送り出したがその意図は。

「セフンは仕事の関係で練習や試合に参加できていなかった。まだチームに慣れてはいなかったが、今日は久しぶりに参加してくれたので難しいゲームではあったが出場させた。だた、彼が全てではないし、チームの一員として考えなくてはいけない。練習に参加することができるようになって、もっとコンディションが良くなってきたら面白いかもしれない」

──開幕から3試合を戦ったがここまでの戦い、チームの仕上がりについては。

「逆に3試合を終えてこういった試合ができて良かったと思う。負けは負けだがポジティブに捉えて、まだ先のことを考えたら12試合も残っている。こういった試合を戦っていく中で得点を意識してゴールに向かうようなサッカーができていけば勝ちに結びついていくと思う。そうしていかなければいけないし、そういったことがまだできていないので、しっかりやっていきたい」


PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP