東京サッカー [TOKYO FOOTBALL]

トップ > ニュース一覧 > 東京都リーグニュース一覧 > 記事

東京都リーグニュース

八王子黒木監督 セルベMF中田 一問一答

 東京都社会人サッカーリーグ1部のCERVEZA対八王子の試合が15日、八王子市・戸吹スポーツ公園で行われ、八王子が2-0で勝利した。試合後の八王子・黒木監督、CERVEZA・MF中田との主な一問一答は次のとおり。

黒木文紀監督

八王子FC

八王子FC:黒木文紀監督

──今季初勝利は去年の優勝チームから挙げた。感想は。

「率直にうれしい。無失点に抑えることができたし、今日は積極的にプレスもかけさせた。そこにあまり調子が上がっていないセルベッサさんが付いてこれてなかったのかなという印象。相手の得意なパス回しをさせなかったし、ようやくやってきたことが結果に出た」

──パス回しをさせないための具体的な策は。

「横パスやバックパスは構わない。ただし、相手のスイッチが入る縦パスだけは簡単に入れさせないようにしよう。そこは選手たちが試合前に話し合っていて、自分もその通りだなと感じた。選手たちは意思統一が出来ていたし、自分としては気持ちの部分で勝つ方向に持っていくだけだったので、今日は選手がよくやってくれた」

──相手に隙はあったように感じたか。

「特別どこかに隙があるとは思っていなかった。ショートパス主体でやってくるチームなので、まずは同じ土俵で戦うつもりだった。相手選手全員に違和感を持たせようとやっていたので、そこで隙は生まれたかもしれない」

──セルベッサの中田選手や近藤選手など特別に警戒させた選手はいたか。

「ミーティングの際には2人とも名前は出たが、選手たちの中では『その2人だけじゃないよね』という意見もあったし、自分も他にもいい選手はたくさんいると思っていた。その2人に前を向かせないようにしようというくらいで、全員に同じようにプレッシャーをかけにいこうという話だった」

──今日は90分通して狙い通りの戦いができていたか。

「今日はプレスが止まらなかったし、出来ていたと思う。中盤で足が止まり始めた時にもう少し早く選手交代しても良かったが、選手たちの方からバランスを崩したくないという意見もあったので、あえて代えなかった。ただ、最後の最後でもう一度走らせたかったので、前から守備をすること、追加点を取ってきなさいと何人かを送り出した。ただ、今日が120%の出来だったかもしれないし、これを続けていくことが大事」

──開幕3試合を戦ってここまでの印象は。

「去年よりも1試合早く勝ち点3が取れたので、そこはいい。あとは去年よりもチーム全体としてできている。相手どうこうではなくて、選手自体がチームとして戦おうとみんなが思えている。この状態を継続していきたい。1部はどのチームも強いのは分かっているし、自分たちは去年あれだけ負けているので、同じことは繰り返したくないという思いでいる」


MF中田航平

CERVEZA FC 東京

CERVEZA FC 東京:中田航平

──0-2という結果をどう受け止めているか。

「チームの実力だと思う。内容を振り返っても相手の方が良かったし、チームとしての実力差がそのまま結果に出たと思う」

──こうなった原因は。

「前半に関しては風下だったが、自分たちの中ではつなごうという意識があった。ただ、今日は割り切って、相手の裏にロングを落として走る方がもしかしたら良かったかもしれない。戦い方のところで負けたのかなと思う」

──風上に立った後半の45分はどうだったか。

「風上に立ったもののポゼッションはあまりできなかった。今日アンカーで出た平田に関してはまだ2試合目だし、チームのサッカーに対しての理解やコンディションもまだまだだと思う。とはいえ、実力はすごくある選手なので、今後フィットしてくれば問題はないと思う。それよりも今日はみんなの雰囲気があまり良くなかったし、チームとして負けたという印象」

──最後はどういった言葉でミーティングを締めたか。

「開幕して3戦、内容で圧倒できた試合は一度もない。チームの雰囲気のところでまだまだよくないところがある。セルベッサは楽しむことをスローガンにやっているが、今日楽しめた人はほとんどいないと思う。まずは楽しむということを前提に気持ちを切り替えていこう。そんな話で締めた」

PR

PR

関連記事

PAGE TOP

PR

PAGE TOP